腰痛・坐骨神経痛へのはり治療

  • 病院、整体院、カイロプラクティックなど3つ以上試したがよくならない。
  • 腰を痛めて1週間ほどようすをみたが治りが悪い。
  • 靴下を吐く時に足をあげると腰からおしりが痛む。
  • 車に長い時間座って運転しているとだんだん足まで痛くなってくる。
  • 階段の上り降りではく手すりにつかまらないと心配だ。
  • 朝の寝起きに腰が重くだるい。

などなど。
腰痛・坐骨神経痛の症状は、日常生活や仕事が不安になるほどつらい状態ですよね。

 

足腰は立って歩いたり、座って姿勢を固めて作業をしたり、日常の家事、仕事の業務、勉強などで必要不可欠な動作なので、疲れや痛みがあっても我慢しながら生活している方がほとんどではないでしょうか。
とくに深層部にある深層背筋や大腰筋などは、浅層筋に比べ、疲労しにくく、初期症状は鈍いので我慢しやすく腰痛が慢性化しやすくなります。

 

腰痛の改善には大腰筋、深層背筋などの深層筋の新陳代謝がポイント

 

腰の深層筋には大腰筋、深層背筋(多裂筋、回旋筋、半棘筋)があり、手足に比べ太く、持久力があるので短時間や軽い負荷なら我慢して過ごせてしまうのですが、疲労が少しづつ溜まって代謝が悪くなると、ある日突然痙攣を起こし激痛を発することがあります。
いわゆるぎっくり腰ですね。

 

単なる筋肉の痙攣の痛みでしたら神経の興奮が治まれば良くなるは早いのですが、長い間を放置していたり、痛み止めなどでごまかしている場合は筋肉の組織代謝が悪く、再発しやすくなっています。
爪や髪の毛のように筋肉も日々少しづつ新しい組織に入れ替わっているのですが、過度の疲労や損傷を起こした部分は新陳代謝が間に合わず、硬く縮んでしまい痛みの原因となっていきます。
特に深層筋は遅筋という酸素による代謝をメインとしている筋肉なので、酸素が豊富な動脈血の血流改善がポイントとなります。

 

腰の新陳代謝の高める大腰筋・深層背筋はり施術

 

腰の深層筋である大腰筋・深層背筋は、身体の表面から手で触れることはできないのですが、はり施術ですとダイレクトにアプローチできるため、選択的に血液循環をよくして組織の新陳代謝を促進できます。
施術方法としては、うつ伏せになった状態で、深層背筋は背骨の際を、大腰筋は背骨の横の隙間を通して施術していきます。
これらは解剖学的な知識や、はりを自在にコントロールする技術がないとできません。
当院では、深層筋はり施術の指導を長年主催している中野保先生や現代医学的な鍼灸の第一人者である西條一止先生からの徹底的に指導された技術による深層筋施術を延べ数千人以上に行っております。
詳しく知りたい方は、腰・骨盤の深層筋はり施術へ

 

施術料金

内 容 通常単回 初回お試し
腰・骨盤コース

初検料 2000円
単 回 8000円
3回券 23000円

6000円

1日2名まで