究極の食事

Pocket

先日は杏林予防医学研究所の山田所長のお話を聞きに大阪へ行ってきました。

「究極の食事」

小学校給食の話、トランス脂肪酸、農薬、プラスチック問題、加熱調理のリスク、生菜食、酵素、日本人にあった食性、腸内細菌叢、食物繊維、植物ホルモン、断食、ヒートショックプロテイン、摂取する脂質バランスなどなど。

食と健康、病気の関わりについて盛りだくさんの大変濃い内容でした。

特に子どもたちは、細胞分裂が活発に行われ、肝腎の解毒作用も未成熟ですので、食べ物、吸収されたものの影響が大人に比べて大きく現れます。
また生理周期のある女性やスポーツ選手も細胞の入れ替えが活発に行われますので食事の影響が少なくありません。

長生きするようになったからガン罹患率が増えたとも言われますが、75才以上を除いても全体としてがんの罹患率は増加していて、細胞への悪影響が私達が食べたものや吸ったもの、触れたもの、ライフスタイル、ワークスタイルの影響から来ていることは容易に想像できます。

人体の構造上、機能上の最小単位=生命の営みの最小単位となる細胞にとって、いいこと、悪いこと。

ミトコンドリアや腸内細菌叢など私達と共生する生き物とっていいこと、悪いこと。

健康や病気の質は、その人がどれだけ自分の命と対話しているかが明暗を分けます。

世界をめぐり、命に対して情熱をもって何十年も真剣に向き合っている山田所長の話は、食事から健康、病気、命と対話するヒントをたくさん頂けます。

情報量が多く大変濃い内容のあまり、自身の貪瞋癡があからさまになります。

次回は11/17土に東京品川で開催されますので、関東近辺の方は参加してみてはいかがでしょうか?

東京】誰もが健康になる「究極の食事」

2018/11/17(土) 12:45~2018/11/17(土) 14:45

イベント受付開始時間 2018/11/17(土) 12:30~

品川シーズンテラスカンファレンス タワー棟3階 カンファレンスA,B,C

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

立冬 ~二十四節気 第十九 ~自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

立冬(りっとう)。
11/7~11/21ごろまで。

『暦便覧』:「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」

◯七十二候
・初候 山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める
・次候 地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める
・末候 金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く

◯旬の食材
さつまいも、つくねいも、筍芋、レンコン、里芋、マグロ、コハダ、生牡蠣

◯植物・生き物
マヒワ、山茶花、お茶の花

中神筆

近所の公園、大高緑地公園でも楓や紅葉などが黄色くなってきました。
これから冷たい北風も吹き始め、冬の寒さを感じるようになってきます。

北風の寒さで血流が滞り、乾燥した空気が気管支の粘膜から湿り気を奪うと、風邪の原因となるウィルスや細菌が侵入しやすくなります。

気管支や粘膜の乾燥を防ぐには生姜、唐辛子、カレースープなど辛いもので粘膜を刺激して、口鼻のどの粘膜を内側から潤わせましょう。

口鼻のどの粘膜を潤わせることで、ウイルスや細菌の侵入から体を守る免疫(主にIgA)が働きやすい環境を作ります。

インフルエンザワクチンと辛いものの殺菌作用と粘膜湿潤作用、どっちが風邪の予防に役立つか、いい研究材料ですね。

私はインドカレーのお粥で昨年は風邪に全くかかりませんでしたので、カレーの辛味スパイスは風邪の予防効果が高そうです。

日本特有の油と小麦粉が入ったトロトロカレーは粘膜刺激がぬるいので個人的には風邪予防には断然スパイスのみのカレー粉がおすすめです。
かレースパイスのみでは食べづらい方は赤味噌、塩麹と亜麻仁油を混ぜ合わせると旨みとこってり感がでて美味しく食べやすくなります。
今が旬の根菜類を混ぜても良いですし、前日の残り物を処理する時にも役立ちます。

カレーや辛いものが苦手な方は葛粉などトロトロ系で粘膜を潤わせてあげましょう。
そして寝る前はお風呂で温まりましょう♨

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

霜降 ~二十四節気 第十八 ~自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

霜降(そうこう)。しもふりじゃないよ。
10/23~11/6ころまで。

暦便覧:露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也

◯七十二候
・初候 霜始降(しも はじめて ふる):霜が降り始める
・次候 霎時施(こさめ ときどき ふる):小雨がしとしと降る
・末候 楓蔦黄(もみじ つた きばむ):もみじや蔦が黄葉する

◯旬の食材
りんご、小豆、かりん、秋鮭、トンブリ、生姜など。

◯植物・生き物
ヒヨドリ、ムクドリ、紫式部など。

中神筆

今年の挑戦、初のフルマラソン42.195kmを無事に完走しました。
2年前に10kmに挑戦し、昨年はハーフマラソン21kmを完走、毎年ステップアップして今年はフルマラソン42.195kmに挑戦しました。

当院にメンテナンスで来院される元アイアンマンで、現在も毎月フルマラソンに挑戦されている方に触発され、私自身もマラソン、ランニング障害の治療ケアの一助になればと思い、自らマラソンのトレーニング、ケア、鍼施術を体験して参りました。

鈍りきった体で2年前に走り始めた当初はシンスプリントや膝の痛み、体幹部の筋肉痛などで散々体を痛めましたが、お陰様でランニングの鍼治療だけでなくトレーニング、コンディショニング、食事・栄養、体の使い方の肝がよくわかりました。

そして何より走ることは実は気持ちよく、カラダ以上にココロに良い影響があることがよくわかりました。

10年ほど前に難病の影響で原因不明の左下肢の麻痺になり、半年以上車椅子、松葉杖生活をして以来、運動はほとんどしなくなり、正直マラソンの長い単調動作の何がいいのかさっぱり理解できませんでした。
しかし実際に走ってみると確かに走り始め10~15分は辛いのですが、だんだん単調なリズムで動くことが気持ちよくなってきてます。

私自身ドラムでリズム楽器をやっていたのでよく分かるのですが、心地よいリズムがキープされた状態で動いていると気持ちよくなってきます。
退屈に見えるお経もそうですが心地よいリズムとダイナミクスを繰り返していると脳がトランス状態になっていきます。心地よいリズムキープというのがポイントです。

心地よいリズムキープは、脳科学で言うデフォルトモードネットワークという脳領域を活性化してぼーっと瞑想(内省)状態にしてくれます。

考えに煮詰まったときや嫌なことがあって情緒不安定なときはは、頭を使うよりも心地よい単調なリズムでカラダを動かすこと=走ることでDMNが優位に働き出し、心が穏やかになり、シンプルに考えられる精神状態になります。
走りながら怒りつづけることは難しいといいますが、まさにそのとおりです。

走ってカラダを動かすことで、ココロが落ち着き、心地よい状態になっていくことは目からうろこでした。

かつての私のように走る=単調リズム動作=つまらない、辛いという凝り固まった思考回路ができているとしたら、実は部活や体育で誰かに無理やり走らされた辛い記憶がそうさせているだけかもしれません。

自分に無理のないリズムとペースで走り始めると、10分後にはココロもカラダも心地よくなっていきますので、試しにどんなものか感じながら走ってみてください。

足の怪我や痛みが心配な方は、ゆっくり会話できるペースで走るスロージョギングをおすすめします。

初心者の方は1分走って、30秒歩くを繰り返すだけでもよいので、足腰に過度な負担にならず、簡単に続けられます。散歩や通勤の途中で少し小走りするだけでも構いません。
外だけでなく家の中で3メートルほどを何回か往復するだけでもよいので、いつでもどこでもできます。

以下の動画でスロージョギングを指導されている故田中宏暁先生(福岡大学・スポーツ学部教授・2018年名誉教授)は、今年4月に惜しくも亡くなられてしまいましたが、運動生理学を専門として、特に肥満・動脈硬化疾患などの生活習慣病の治療と予防、健康増進、競技力向上に有効な運動処方に関する研究を主にされていた方です。

私もマラソン挑戦に際して様々な走法を試しましたが、スロージョギングはシンプルで簡単でどこでも気負いなく始められるので、フルマラソンを完走できるようなった今でも続けています。
感謝。

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

寒露 ~二十四節気 第十七 ~自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

寒露(かんろ)。
10/8~10/22ごろまで。
旧暦9月9日、五節句の一つ菊の節句。
九=陽の最大数が2つ重なることから重陽の節句とも言われる。

◯暦便覧:陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也。

◯七十二候
・初候 鴻雁来(こうがん きたる):雁が飛来し始める
・次候 菊花開(きくのはな ひらく):菊の花が咲く
・末候 蟋蟀在戸(きりぎりす とにあり):蟋蟀が戸の辺りで鳴く

◯旬の食材
銀杏、アケビ、グリーンレモン、きのこ類(しめじ、舞茸、しいたけ、松茸)、ししゃもなど。

◯植物・生き物
どんぐり、マナヅル、雁

中神筆
本日は愛知県西尾市の佐久島に来ております。
幼児園のママ友に誘われた「根っこを育む自然塾」に幼児園同級生と初参加です。

根っこを育む自然塾
http://nekkojuku.com/

海、山、空、風、生き物たちと戯れております。

親は手出し、口出しなし、しれーっと居なくなり、子供達だけで遊び、ご飯を作って食べて、また遊ぶ。

日が暮れるまで、暮れても?!

はりきゅう自然治療院
中神

Pocket

秋分 ~二十四節気 第十六 ~自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

秋分(しゅうぶん)。
二十四節気の第十六。
9/23~10/7ごろ。

『暦便覧』 「陰陽の中分なれば也。」
 昼と夜の長さがほぼ同じになる。

◯七十二候
・初候
 雷乃収声(らい すなわち こえを おさむ):雷が鳴り響かなくなる。
・次候
 蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす):虫が土中に掘った穴をふさぐ。
・末候
 水始涸(みず はじめて かる):田畑の水を干し始める。

◯旬の食材
いちじく、ザクロ、柿、秋鯖、戻り鰹、山ぶどう、ごま

◯植物・生き物
彼岸花、そばの花、キンモクセイ

 

中神筆
秋祭りシーズンで土日祝は地域が賑やかになってきましたね。
先日は”鳴海ここよい祭り”に家族で行ってきました。
名鉄鳴海駅前や旧東海道で、歌やどまつりチームの踊り、和太鼓、出店、子ども縁日などが催され、子供から大人まで老若男女問わず楽しめるお祭りでした。

息子は猩々の追っかけに夢中になり、何時間も飽きずに、追っかけっこをして遊んでいました。
ちなみに鳴海の猩々にお尻を叩かれると病にかからないと言われ、猩々の追っかけには無病息災の意味も込められています。

幼児園の頃は、真っ赤な顔をした猩々の巨人を見て泣いていましたが、今では猩々の巨人に向かって、楽しく遊んでいる姿を見ると逞しくなったなぁとしみじみ思います。

ここ東海道鳴海宿では今も昔も変わらず、猩々の追っかけで遊びながら、子どもたちの無病息災を願い、健やかな成長を見守ってきたこと思うと、真っ赤な猩々に代々伝わる地域の深い親心を感じました。
健康あっての成長を願います。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

白露 ~二十四節気 第十五 ~自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

白露(はくろ)。
二十四節気の第十五。
9/8~9/21ごろ。

『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」

◯七十二候
・初候
草露白(そうろ しろし) : 草に降りた露が白く光る(日本)

・次候
鶺鴒鳴(せきれい なく) : 鶺鴒が鳴き始める(日本)

・末候
玄鳥去(げんちょう さる) : 燕が南へ帰って行く(日本)

◯旬の食材
巨峰、秋なす、昆布、かぼちゃ、栗、落花生、タチウオ

中神筆
ここしばらくは立て続けに台風、地震と天災が続き、自然の驚異が続きますね。
身近なところでは近所の神社で大きな木が倒れ、参道が塞がれてしまいました。

日照時間は短くなり、朝夕の冷え込みは涼しさから寒さに変わり始め、体温調整に関わる自律神経の働きは徐々に放熱モード優位から産熱モード優位に移り変わっていきます。

寒いからと言って、冷えを極度に恐れ、季節外れの厚着をしていると体温を上げる産熱スイッチの働きが鈍ってしまいます。何時間も連続で寒さに晒される状況でなければ、カラダにとっては自律神経を整える程よい刺激となります。

寒いと感じるから、熱を産み出そうと全身の細胞が連絡を取り合って活発になるのです。

朝は裸で寒さに触れて産熱スイッチを入れ、乾布摩擦で自律神経の働きを整えていきましょう。

「千金方曰く、
冬温なる事を極めず、
夏涼しき事を極めず、
凡一時快き事は必後の災いとなる。」

貝原 益軒『養生訓』より

何事も恐れや心配のあまり、度が過ぎないようにということです。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

処暑 ~二十四節気 第十四 ~ 自然のリズムを感じて過ごす。

Pocket

処暑(しょしょ)。
8/23~9/7頃までの期間。

「暦便覧」:陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也

二百十日は立春から数えて210日目、9/1のことで、台風襲来の特異日ともされる。
風を鎮めるための祭りをする地域もある。

◯七十二候
・初候:綿柎開(めんぷ ひらく) : 綿を包む咢(がく)が開く
・次候:天地始粛(てんち はじめて しじむ(しゅくす)) : ようやく暑さが鎮まる
・末候:禾乃登(か すなわち みのる) : 稲が実る

◯旬の食材
サンマ、イワシ、シマアジ、すだち、青ゆず、新里芋、青唐辛子、新米

◯生き物、植物
・スズメバチ:活動が最盛期で近づくと危険です。
・百舌鳥(もず):宮本武蔵の書いた水墨画が有名ですね。
・吾亦紅(ワレモコウ)

中神筆
お盆過ぎ、夏休みが終わり、8月もあと1週間ほどとなりました。
今年の夏休みは滝に打たれて身を洗い流し、山に登ってまいりました。
清らかな水と空気に触れ、スッキリしました。

今年の夏は、最高気温を更新するほどの猛暑が終わったと思ったら、今度は台風19号、20号による雨風の猛威です。

台風がたくさん来るのは日本の汚れを洗い流すためだと聞いて妙に納得してしまう。
風雨で清められ、まさに処暑、暑さ処る。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

立秋 ~二十四節気 第十三~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

立秋(りっしゅう)
8/7~8/22ごろ

今日は朝方に雨が降り、久しぶりに涼しさ感じられる日となりました。
二十四節気では立秋ですが、夏真っ盛りです。

秋の語源は、
「収穫が飽き(あき)満ちる」
「空が清明(あきらか)な時期」
「紅葉の「紅(あか)」が転じた」
「秋の実り(主に禾=稲)を食べに来る虫を減らすために火で焼き殺して豊作を祈っていたことから」
など、いろんな説があるようです。

この日以降から残暑が始まり、夏の全国高等学校野球選手権大会も始まります。

◯七十二候
・初候:涼風至(りょうふう いたる): 涼しい風が立ち始める。
・次候:寒蝉鳴(かんせん なく): 蜩が鳴き始める。
・末候:蒙霧升降(もうむ しょうごう): 深い霧が立ち込める。

◯旬の食材
オクラ、冬瓜、とうもろこし、ゴーヤ、サンマなど。

◯季節の行事
・お盆(月遅れ):迎え火-8/13夕方~/送り火-8/16午前~

 

中神筆
立秋といってもまだ夏真っ盛りで暑い日が続きますが、朝夕は涼しさを感じられる日が多くなってきます。
寝る時にエアコンや扇風機を掛けっぱなしにしていたら、お腹を冷やしすぎて体調を崩してしまったなんてこともよく起こります。
エアコンや扇風機のタイマーをかけたり、腹巻きをしたり、掛け布をもう一枚用意したりして、思わぬ冷えすぎを予防しましょう。

冷えは万病の始まりです。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

大暑 ~二十四節気 第十ニ~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

大暑(たいしょ)。
7/23~8/7ごろ。

気温がますます上がり、暑さが最も厳しい季節となりますが、
日本では、自然の中に涼しさを見つける納涼文化が育ちました。

軒先に風鈴をつけ、音で涼しさを感じ、
窓によしずをかけて、直射日光を避け、
夜には川に船を浮かべて風にあたる。。。

今ではエアコンのボタン一つで涼しくなりますが、
濡れたタオルで肌を湿らせてうちわで扇ぐだけでも、涼しく気持ちよく過ごせます。
たまには五感をフル活用して暑さの中に垣間見える涼しさを楽しみましょう。

◯七十二候
・初候 桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ) : 桐の実が生り始める(日本)
・次候 土潤溽暑(つち うるおいて じょくしょす) : 土が湿って蒸暑くなる(日本)
・末候 大雨時行(たいう ときどき おこなう) : 時として大雨が降る(日本)

◯旬の食材
大葉、枝豆、スイカ、イサキ、スズキ、うなぎ、ウニ、甘酒などなど。

中神筆

暑中お見舞い申し上げます。
昨日は埼玉県熊谷市では観測史上最高の41.1度を記録し、気象庁は災害レベルの猛暑と発表しました。
熱中症にかかる方も増え、命に関わってしまう事態にもなっていますが、もともと人の体はそんなにやわではありません。

暑熱順化という高温環境に順応できる生理機能があり、
適切な熱中症予防をすれば命にかかわるほどの状態にはならず、外に出て元気に遊ぶこともできます。

暑熱順化とは?

暑い環境になった時に、体温を下げるために
まず皮膚の血管が広がり、体温の放熱量を増やします。
そして皮膚からすぐに汗が出て、その汗が蒸発することでカラダの熱を逃し、体温の急上昇を抑えます。
汗がすぐ出ない方は、濡れたタオルで肌を濡らして、うちわで扇ぐと冷えて気持ち良いです。

また汗が出る時に一緒に体に重要なミネラルも出てしまうのですが、暑熱順化していると汗からでるミネラルを再吸収する働きが高まっており、体内のミネラルの消耗を抑え、水分補給をした時に速やかに水分が体内に浸透して体液量を整えてくれます。
暑い日は水分補給も大事ですが、水分保持力を高めてくれるミネラル補給も大切です。

水分ばかり摂っていると体液中のミネラル濃度が下がって、低ナトリウム血症や水中毒に伴う不調が現れやすくなりますので、梅干し、甘酒、味噌汁などで補給して水分量はホドホドにしてください。

暑さにカラダが慣れるには、暑さの度合いや過ごした時間によって変わってきますが、短くて数日、1週間~10日ほどあれば慣れていきます。

短期で暑熱順化を働かせるには、スーパー銭湯のサウナがおすすめですが、汗が出にくい方、皮膚の血流が悪い方は心拍が上がりすぎないように脈に触れながら短時間を繰り返して入れば、大きな不調を防げます。

これから夏本番を迎えますが、熱中症を過度に恐れて家にこもらないで、暑熱順化でカラダの適応力を高めて、自然の中で元気に遊べる体作りをしていきましょう。

私は海水浴とプールで3度ほど日焼けして、すでに暑い中に走っても大丈夫なカラダになりました。

自然の中で遊ぶことはリスクと向き合うことになりますが、観察力や注意力、感性や生命力を高めてくれます。

暑さを恐れて、家にこもっている方が病気に近づくかもしれません。

はりきゅう自然治療院
中神

Pocket

小暑 ~二十四節気 第十一~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

小暑(しょうしょ)。
7/7~7/22ごろ。

台風、温帯性低気圧の影響で大雨で内水や洪水の心配が増してまいりました。

人は天地自然の力の前には畏怖するしかありませんが、

名古屋市では、

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

を公表していますので、お住いの地域の洪水、内水のリスクを見直して対策をしておきましょう。

先人の教え、伝承に感謝です。

◯七十二候
・初候 温風至(おんぷう いたる) : 暖い風が吹いて来る
・次候 蓮始開(はす はじめて ひらく) : 蓮の花が開き始める
・末候 鷹乃学習(たか すなわち がくしゅうす) : 鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える

◯旬の食材
 カレイ、アナゴ、うなぎ、インゲン、ニンニク、みょうが、ゴーヤ、もも、冬瓜

中神筆
今日は七夕です。
古くは、精霊棚を飾り付けて収穫物を備える神事であったそうですが、
願い事を書いた五色の短冊を笹に飾り、天に向かって捧げるという、私事に成り下がってしまいました。
行事食としてそうめんを食べるのは、麦の収穫祭の意味を含め、麦の恵に感謝してそうめんを食べるようです。
もとは古代中国(唐代)の索餅という唐菓子が由来とのこと。

当院では自然と人、人と人、ココロとカラダの調和を大切にした皆様の健康と安心を願っております。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket