ホッカイロで温める場所はどこがいいですか?

Pocket

足腰の冷える患者さんにホッカイロはどこに貼るといいのですか?との質問を頂きました。

ズバリ、答えを申しますと下肢の動脈拍動部です。

下肢の動脈拍動部は、
・鼠径部(前面の股の付け根)の大腿動脈
・膝裏の膝窩動脈
・くるぶしの内側(後脛骨動脈)
・足の甲(前脛骨動脈)
など動脈が体表に出てくる場所です。

なぜなら動脈は栄養を運ぶだけでなく、体幹で温められた熱を手足などの末梢に運んで手足を温める役割があるからです。

熱射病では暑さが過ぎると頭頸部の血管が拡張しすぎてぼせますが、その場合は首の頸動脈や脇の動脈を冷やして対処します。
逆に寒さが過ぎて下肢が冷える場合は、頭寒足熱というように下肢の動脈を温めたほうが冷えの対策には効率よいです。

特に体幹部から温めたほうが効率が良いので、鼠径部>膝部>くるぶしの優先順でホッカイロを貼るとよいいでしょう。
ただし、皮膚への直貼りは低温やけどになりますので、厚手の下着など上から貼って温めて下さい。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*