健康の達成のための8つの前提条件

Pocket

世界保健機関(WHO)によって作成された、健康になるための8つの前提条件をご存知でしょうか?
1998年に健康の社会的決定要因としてオタワ憲章で8つ明示されました。

1.平和
2.住居
3.教育
4.食糧
5.収入
6.安定した環境
7.持続可能な資源
8.社会的公正と公平

国が戦争をしていたり、住む場所に犯罪が多く危険が隣り合わせのところでは健康になれません。
身体に悪いもの、良いものの判断ができ、必要充分な量と安全な質の食料を手に入れなけ健康になれません。
食料を安定して継続的に生産し、配分が極端に偏らないように供給できないと健康になれません。

世界中の市民が健康になるためには、ごもっともなのですが、なぜ健康にならなければならないのでしょうか?

オタワ憲章が生まれた背景は、1977年第30回世界保健総会で、
「2000年までに、世界市民が経済的生産力のある健康水準を得られるように」、
健康づくりの重要性を強調したことから始まりました。

経済的生産力のある健康水準=継続的な労働力を損なわない程度で健康を保つために基準を作ったということです。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*