に投稿 コメントを残す

啓蟄 ~二十四節気 第三 自然のリズムを感じて過ごす~

うこん桜
Pocket

啓蟄(けいちつ)。
二十四節気の第三。
読んで時のごとく、寒さで土の中に隠れていた虫が、あたたかくなって地表に出てくる頃です。
花粉症の方は目や鼻がムズムズして、涙や鼻水が出て来る頃ですね。

◯暦便覧:「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」

◯七十二候
・初候 蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく):冬蘢りの虫が出て来る。
・次候 桃始笑(もも はじめて わらう):桃の花が咲き始める。
・末候 菜虫化蝶(なむし ちょうと けす):青虫が羽化して紋白蝶になる。

◯旬の食材
葉わさび、コシアブラ、ニラ、ノビル、新玉ねぎ、サヨリ、サワラ、ヤリイカなど。

◯植物・生き物
レンゲ草、ネコヤナギ

中神筆
日足が長くなり、暖かい日が増えて、春らしい陽気になってきました。
名古屋市緑区の大高緑地公園では梅が満開に近づき今が見頃です。

梅というとピンクや紅白などが主にイメージされますが、うす緑色の梅花もあり、いろんな梅の花が楽しめます。
お日様の下で春の息吹を感じて、自然から元気をもらいましょう。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください