白露 ~二十四節気 第十五 ~自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

白露(はくろ)。
二十四節気の第十五。
9/8~9/21ごろ。

『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」

◯七十二候
・初候
草露白(そうろ しろし) : 草に降りた露が白く光る(日本)

・次候
鶺鴒鳴(せきれい なく) : 鶺鴒が鳴き始める(日本)

・末候
玄鳥去(げんちょう さる) : 燕が南へ帰って行く(日本)

◯旬の食材
巨峰、秋なす、昆布、かぼちゃ、栗、落花生、タチウオ

中神筆
ここしばらくは立て続けに台風、地震と天災が続き、自然の驚異が続きますね。
身近なところでは近所の神社で大きな木が倒れ、参道が塞がれてしまいました。

日照時間は短くなり、朝夕の冷え込みは涼しさから寒さに変わり始め、体温調整に関わる自律神経の働きは徐々に放熱モード優位から産熱モード優位に移り変わっていきます。

寒いからと言って、冷えを極度に恐れ、季節外れの厚着をしていると体温を上げる産熱スイッチの働きが鈍ってしまいます。何時間も連続で寒さに晒される状況でなければ、カラダにとっては自律神経を整える程よい刺激となります。

寒いと感じるから、熱を産み出そうと全身の細胞が連絡を取り合って活発になるのです。

朝は裸で寒さに触れて産熱スイッチを入れ、乾布摩擦で自律神経の働きを整えていきましょう。

「千金方曰く、
冬温なる事を極めず、
夏涼しき事を極めず、
凡一時快き事は必後の災いとなる。」

貝原 益軒『養生訓』より

何事も恐れや心配のあまり、度が過ぎないようにということです。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*