穀雨 ~二十四節気 第六 自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

穀雨(こくう)。
二十四節気の第六。
4/20~5/6ごろまで。
その名の通り、春の雨は穀物にとって恵みの雨です。

この時期の雨には様々な呼び名が付けられていて、
菜の花が咲く頃の雨を「菜種梅雨」、
5~6月に降る梅雨に似た雨を「迎え梅雨」、
花のように咲けと急かせるような雨を「催花雨(さいかう)」、
春の長雨を「春霖(しゅんりん)」と様々な名前が付けられています。

雨というと憂鬱などネガティブなイメージが現代の人は多いですが、
作物の生育からみたら嬉しくなるようなポジティブなイメージかも知れません。
日本人と自然の関係性の豊かさを感じます。

◯七十二候
・初候 葭始生(よし はじめて しょうず) : 葦(あし)が芽を吹き始める。
・次候 霜止出苗(しも やんで なえ いず) : 霜が終わり稲の苗が生長する。
・末候 牡丹華(ぼたん はな さく) : 牡丹の花が咲く。

◯旬の食材
サザエ、アサリ、木の芽(山椒の若芽)、新ごぼう、真鯛、メバル、毛ガニetc.

◯植物・生き物
芝桜、ツツジ

中神筆
息子が小学校入学し初登校を終え、授業参観と新生活が始まりました。
指示やルールの多くなる学校生活でどうなることかと心配しておりましたが、疲れながらも楽しんでやっているようで一先ず安心しました。

挨拶、返事、ありがとう、すいません、自己紹介と。
まずは言葉や態度で人と人の共同生活やルールが紡がれていくのですね。

タテ、ヨコ、ナナメ。
どんな模様が紡がれていくのかワクワク、ドキドキします。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*