究極の食事

Pocket

先日は杏林予防医学研究所の山田所長のお話を聞きに大阪へ行ってきました。

「究極の食事」

小学校給食の話、トランス脂肪酸、農薬、プラスチック問題、加熱調理のリスク、生菜食、酵素、日本人にあった食性、腸内細菌叢、食物繊維、植物ホルモン、断食、ヒートショックプロテイン、摂取する脂質バランスなどなど。

食と健康、病気の関わりについて盛りだくさんの大変濃い内容でした。

特に子どもたちは、細胞分裂が活発に行われ、肝腎の解毒作用も未成熟ですので、食べ物、吸収されたものの影響が大人に比べて大きく現れます。
また生理周期のある女性やスポーツ選手も細胞の入れ替えが活発に行われますので食事の影響が少なくありません。

長生きするようになったからガン罹患率が増えたとも言われますが、75才以上を除いても全体としてがんの罹患率は増加していて、細胞への悪影響が私達が食べたものや吸ったもの、触れたもの、ライフスタイル、ワークスタイルの影響から来ていることは容易に想像できます。

人体の構造上、機能上の最小単位=生命の営みの最小単位となる細胞にとって、いいこと、悪いこと。

ミトコンドリアや腸内細菌叢など私達と共生する生き物とっていいこと、悪いこと。

健康や病気の質は、その人がどれだけ自分の命と対話しているかが明暗を分けます。

世界をめぐり、命に対して情熱をもって何十年も真剣に向き合っている山田所長の話は、食事から健康、病気、命と対話するヒントをたくさん頂けます。

情報量が多く大変濃い内容のあまり、自身の貪瞋癡があからさまになります。

次回は11/17土に東京品川で開催されますので、関東近辺の方は参加してみてはいかがでしょうか?

東京】誰もが健康になる「究極の食事」

2018/11/17(土) 12:45~2018/11/17(土) 14:45

イベント受付開始時間 2018/11/17(土) 12:30~

品川シーズンテラスカンファレンス タワー棟3階 カンファレンスA,B,C

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください