立秋 ~二十四節気 第十三~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

立秋(りっしゅう)
8/7~8/22ごろ

今日は朝方に雨が降り、久しぶりに涼しさ感じられる日となりました。
二十四節気では立秋ですが、夏真っ盛りです。

秋の語源は、
「収穫が飽き(あき)満ちる」
「空が清明(あきらか)な時期」
「紅葉の「紅(あか)」が転じた」
「秋の実り(主に禾=稲)を食べに来る虫を減らすために火で焼き殺して豊作を祈っていたことから」
など、いろんな説があるようです。

この日以降から残暑が始まり、夏の全国高等学校野球選手権大会も始まります。

◯七十二候
・初候:涼風至(りょうふう いたる): 涼しい風が立ち始める。
・次候:寒蝉鳴(かんせん なく): 蜩が鳴き始める。
・末候:蒙霧升降(もうむ しょうごう): 深い霧が立ち込める。

◯旬の食材
オクラ、冬瓜、とうもろこし、ゴーヤ、サンマなど。

◯季節の行事
・お盆(月遅れ):迎え火-8/13夕方~/送り火-8/16午前~

 

中神筆
立秋といってもまだ夏真っ盛りで暑い日が続きますが、朝夕は涼しさを感じられる日が多くなってきます。
寝る時にエアコンや扇風機を掛けっぱなしにしていたら、お腹を冷やしすぎて体調を崩してしまったなんてこともよく起こります。
エアコンや扇風機のタイマーをかけたり、腹巻きをしたり、掛け布をもう一枚用意したりして、思わぬ冷えすぎを予防しましょう。

冷えは万病の始まりです。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*