に投稿 コメントを残す

芒種 ~二十四節気 第九~ 自然のリズムを感じて過ごす。

Pocket

芒種(ぼうしゅ)。
6/5~6/20ごろまで。

芒(のぎ)とは、稲などイネ科の植物の先にある突起のことで、
つまりは、稲のような穀物の種をまく頃。

田植え、麦の刈り入れ、梅の実をとって梅干し作りなど、
前節気に引き続き農家さんは忙しくなります。
稲だけでなく大府のぶどう農家さんも忙しくしていました。

◯七十二候
・初候 螳螂生(とうろう しょうず) : 螳螂が生まれ出る
・次候 腐草為蛍(ふそう ほたると なる) : 腐った草が蒸れ蛍になる
・末候 梅子黄(うめのみ き なり) : 梅の実が黄ばんで熟す

◯入梅
梅の実が黄色くなる頃を、梅雨の季節に入る目安としたため「梅」が使われています。
そのほか田植えや麦の収穫の時期を計る際にも梅の実の色の移り変わりが目安になっていました。

◯旬の食材
黄梅、トマト、さくらんぼ、びわ、新生姜、アイナメ、アユ、アジ

◯植物
あじさい、夏椿、桔梗

中神筆

早くも5月過ぎ、夏らしい天気になって参りました。

気象庁の梅雨入り(速報値)によりますと、
東海地方の梅雨入りは平年並みだと6/8ごろになる予定です。

暑くて雨が多いとなると、湿気でカビなどの細菌の繁殖が盛んになりますので、前日の食べ残しは極力避けて当日中に食べきるようにしましょう。
また湿気が多いと、汗の蒸散による気化熱作用=冷却作用が弱くなるので、体内の熱がこもりやすくなります。
食中毒や熱中症対策の準備をしておきましょう。

厚生労働省:食中毒対策サイト

環境省「熱中症予防情報サイト」

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください