Pocket

今日は、持病の定期検診で血液内科へ。
受付を済ませ先に血液検査をして30分ほどで診察。
私の血液検査のポイントは、赤血球と血小板。
呼び出されて診察室に入ると、今日もいいですね~と担当医。

ステロイドを止めてもう2年ほど経つが、血液状態は正常範囲内で安定して体調もすこぶる良い。
私は免疫学者の安保徹先生の自律神経と免疫の考えを参考にしていので、ついでに顆粒球とリンパ球の比率のチェックもおこなう。

白血球数 7400/μl ※5000~7000
顆粒球 48.1% ※54~60%
・好中球 41.3%
・好酸球 6.0%
・好塩基球 0.8%
リンパ球 46.3%  ※35~41%
単球 5.6%  ※5%前後
総リンパ球数 3426/μl
※血液検査の白血球像の理想割合 参考:湯島清水坂クリニックHP「血液検査でわかること」

夏に向けて副交感優位になるにつれてアセチルコリンの分泌が増えていくのでアセチルコリンレセプターを持つリンパ球が増えてきている。

夏が近づいてきた。

白血球の捕食活動をみる

Pocket