2017年 2月 の投稿一覧

雨水 ~ 二十四節気 第二 自然のリズムを感じて過ごす ~

Pocket

雨水(うすい)。
2/18~3/5頃まで。
3/3は桃の節句でもともとは古代中国の上巳の節句が由来とされる。

脱皮をして生まれ変わる巳(へび)にちなんで心身を祓い清める行事とされ、
室町時代の前までは人形を川や海に流して心身を洗い清める習わしがありました。
室町時代以降は、女子の成長とご縁を願い、
皇族の婚礼のしきたりに従って作られた雛飾りを飾るようになりました。

◯七十二候
・初候:土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる):雨が降って土が湿り気を含む。
・次候:霞始靆(かすみ はじめて たなびく):霞がたなびき始める。
・末候:草木萠動(そうもく めばえ いずる):草木が芽吹き始める。

◯旬の食材
春キャベツ、花わさび、島らっきょう、菜の花、デコポン、ハマグリ、ワカメなど。

◯植物・生き物
梅、沈丁花(チンチョウゲ)、オオイヌノフグリ、ハコベなど

中神筆
名古屋では雨水を過ぎると、春の匂いと陽気を感じます。
近所の大高緑地公園では梅の花が少しづつ咲き始めて、梅まつりがはじまりました。

また試験、卒業、就職、異動など、これまでの集大成やターニングポイントとなる時期でもありますね。
鍼灸の国家試験は毎年2月の最終日曜日なのでもうすぐですね。

国試に限らず試験なんてのは最低限の知識ですからね。
実践の場はもっと複雑で教科書どおりでないですから、合格のための勉強より実践を意識した勉強で合格して下さい。
その方が記憶に定着して楽に合格しやすいですよ。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

節分

Pocket

節分(せつぶん)。
2/3。
旧暦では春が一年の始まりと考えられていたので、現代の感覚ではちょうど大晦日にあたります。
本来は「季節を分ける日」なので、立春、立夏、立秋、立冬の前の日になり、
年に4回あったのですが、いつからか一年のはじまり立春の前日なりました。

◯行事・風習
季節の変わり目には鬼=邪気が出るとされ、豆=魔滅(魔を滅する)を鬼に投げて追い払う風習が生まれました。

そのほか鬼が家に入らないように、柊イワシを玄関先に飾ったり、
年神様(歳徳神)がいる方角に向かって願い事をしながら、恵方巻きを食べるという風習も生まれました。

恵方巻きはスーパーやコンビニで毎年、売れ筋の定番商品として並んでますね。
行きつけのコンビニの店員さんに勧められ、私も買ってしまいました。

今年は北北西ちょっと北寄りに向かって、
皆様の健康、天寿を願って美味しくいただきました。

はりきゅう自然治療院 
中神

Pocket