2018年 8月 の投稿一覧

処暑 ~二十四節気 第十四 ~ 自然のリズムを感じて過ごす。

Pocket

処暑(しょしょ)。
8/23~9/7頃までの期間。

「暦便覧」:陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也

二百十日は立春から数えて210日目、9/1のことで、台風襲来の特異日ともされる。
風を鎮めるための祭りをする地域もある。

◯七十二候
・初候:綿柎開(めんぷ ひらく) : 綿を包む咢(がく)が開く
・次候:天地始粛(てんち はじめて しじむ(しゅくす)) : ようやく暑さが鎮まる
・末候:禾乃登(か すなわち みのる) : 稲が実る

◯旬の食材
サンマ、イワシ、シマアジ、すだち、青ゆず、新里芋、青唐辛子、新米

◯生き物、植物
・スズメバチ:活動が最盛期で近づくと危険です。
・百舌鳥(もず):宮本武蔵の書いた水墨画が有名ですね。
・吾亦紅(ワレモコウ)

中神筆
お盆過ぎ、夏休みが終わり、8月もあと1週間ほどとなりました。
今年の夏休みは滝に打たれて身を洗い流し、山に登ってまいりました。
清らかな水と空気に触れ、スッキリしました。

今年の夏は、最高気温を更新するほどの猛暑が終わったと思ったら、今度は台風19号、20号による雨風の猛威です。

台風がたくさん来るのは日本の汚れを洗い流すためだと聞いて妙に納得してしまう。
風雨で清められ、まさに処暑、暑さ処る。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

立秋 ~二十四節気 第十三~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

立秋(りっしゅう)
8/7~8/22ごろ

今日は朝方に雨が降り、久しぶりに涼しさ感じられる日となりました。
二十四節気では立秋ですが、夏真っ盛りです。

秋の語源は、
「収穫が飽き(あき)満ちる」
「空が清明(あきらか)な時期」
「紅葉の「紅(あか)」が転じた」
「秋の実り(主に禾=稲)を食べに来る虫を減らすために火で焼き殺して豊作を祈っていたことから」
など、いろんな説があるようです。

この日以降から残暑が始まり、夏の全国高等学校野球選手権大会も始まります。

◯七十二候
・初候:涼風至(りょうふう いたる): 涼しい風が立ち始める。
・次候:寒蝉鳴(かんせん なく): 蜩が鳴き始める。
・末候:蒙霧升降(もうむ しょうごう): 深い霧が立ち込める。

◯旬の食材
オクラ、冬瓜、とうもろこし、ゴーヤ、サンマなど。

◯季節の行事
・お盆(月遅れ):迎え火-8/13夕方~/送り火-8/16午前~

 

中神筆
立秋といってもまだ夏真っ盛りで暑い日が続きますが、朝夕は涼しさを感じられる日が多くなってきます。
寝る時にエアコンや扇風機を掛けっぱなしにしていたら、お腹を冷やしすぎて体調を崩してしまったなんてこともよく起こります。
エアコンや扇風機のタイマーをかけたり、腹巻きをしたり、掛け布をもう一枚用意したりして、思わぬ冷えすぎを予防しましょう。

冷えは万病の始まりです。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket