に投稿 コメントを残す

立夏 ~二十四節気 第七 自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

立夏(りっか)。
5/5~5/20ごろまで。

◯七十二候
・初候 蛙始鳴(かえる はじめて なく) : 蛙が鳴き始める
・次候 蚯蚓出(きゅういん いずる) : 蚯蚓が地上に這出る
・末候 竹笋生(ちくかん しょうず) : 筍が生えて来る

◯旬の食材
いちご、たけのこ、新じゃがいも、夏みかん、ホタテ、明日葉など。

◯植物、生き物
ドクダミ、芍薬、カタクリの花が咲く。

◯風物詩・習わし
・鵜飼い
鵜を使って鮎を獲る日本の伝統漁法。日本書紀、古事記にも記載されている。
岐阜県長良川の鵜飼いが有名。5/11頃から鵜飼い開きとなる。

・端午の節句
陰陽五行説に由来し、季節の節目となる五節句の一つ。
5/5は旧暦の午の月が5月、午は五とも読みが重なることから
5の付く日を端午とするようになる。元は午の月の端=初めの午の日だった。

◯中神筆
新緑の葉が日に照らされて、若々しさがまぶしい季節になってきました。
スギ、ヒノキの花粉症状が落ち着き、外に出るのが気持ちいいですね。

先日の雨上がりの夜に某所をランニングをしていたらホタルが飛び始めていました。
これから新月に向けて夜の暗さが深まり、雨が降った後は見頃です。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket