に投稿 コメントを残す

大暑 ~二十四節気 第十ニ~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

大暑(たいしょ)。
7/23~8/7ごろ。

気温がますます上がり、暑さが最も厳しい季節となりますが、
日本では、自然の中に涼しさを見つける納涼文化が育ちました。

軒先に風鈴をつけ、音で涼しさを感じ、
窓によしずをかけて、直射日光を避け、
夜には川に船を浮かべて風にあたる。。。

今ではエアコンのボタン一つで涼しくなりますが、
濡れたタオルで肌を湿らせてうちわで扇ぐだけでも、涼しく気持ちよく過ごせます。
たまには五感をフル活用して暑さの中に垣間見える涼しさを楽しみましょう。

◯七十二候
・初候 桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ) : 桐の実が生り始める(日本)
・次候 土潤溽暑(つち うるおいて じょくしょす) : 土が湿って蒸暑くなる(日本)
・末候 大雨時行(たいう ときどき おこなう) : 時として大雨が降る(日本)

◯旬の食材
大葉、枝豆、スイカ、イサキ、スズキ、うなぎ、ウニ、甘酒などなど。

中神筆

暑中お見舞い申し上げます。
今年の夏は去年に比べ、ぬるい日が続きますが、これから梅雨明けしてからが暑さ本番です。
大暑のときは熱中症にかかる方も増え、命に関わってしまう事態にもなりますが、もともと人の体はそんなにやわではありません。

暑熱順化という高温環境に順応できる生理機能があり、
適切な熱中症予防をすれば命にかかわるほどの状態にはならず、外に出て元気に遊ぶこともできます。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

に投稿 コメントを残す

小暑 ~二十四節気 第十一~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

小暑(しょうしょ)。
7/7~7/22ごろ。

台風、温帯性低気圧の影響で大雨で内水や洪水の心配が増してまいりました。

人は天地自然の力の前には恐れ戦くだけではありません。
先人の経験や教えを大切にし、万が一のために備えておきましょう。

名古屋市では、

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

を公表していますので、お住いの地域の洪水、内水のリスクを見直して対策をしておきましょう。

先人の教え、伝承に感謝です。

◯七十二候
・初候 温風至(おんぷう いたる) : 暖い風が吹いて来る
・次候 蓮始開(はす はじめて ひらく) : 蓮の花が開き始める
・末候 鷹乃学習(たか すなわち がくしゅうす) : 鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える

◯旬の食材
 カレイ、アナゴ、うなぎ、インゲン、ニンニク、みょうが、ゴーヤ、もも、冬瓜

中神筆
今日は七夕です。
古くは、精霊棚を飾り付けて収穫物を備える神事であったそうですが、
願い事を書いた五色の短冊を笹に飾り、天に向かって捧げるという、私事に成り下がってしまいました。
行事食としてそうめんを食べるのは、麦の収穫祭の意味を含め、麦の恵に感謝してそうめんを食べるようです。
もとは古代中国(唐代)の索餅という唐菓子が由来とのこと。

当院では自然と人、人と人、ココロとカラダの調和を大切にした皆様の健康と安心を願っております。

 

kouzui-km-14midori2

 

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket