に投稿 コメントを残す

秋分 ~二十四節気 第十六 ~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

秋分(しゅうぶん)。
二十四節気の第十六。
9/23~10/7ごろ。

『暦便覧』 「陰陽の中分なれば也。」
 昼と夜の長さがほぼ同じになる。

◯七十二候
・初候
 雷乃収声(らい すなわち こえを おさむ):雷が鳴り響かなくなる。
・次候
 蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす):虫が土中に掘った穴をふさぐ。
・末候
 水始涸(みず はじめて かる):田畑の水を干し始める。

◯旬の食材
いちじく、ザクロ、柿、秋鯖、戻り鰹、山ぶどう、ごま

◯植物・生き物
彼岸花、そばの花、キンモクセイ

〇秋分の日 
祝日法では「祖先を敬い、故人を偲ぶ日」とされる。
秋彼岸や天皇、皇后、皇親の霊を祭る儀式の秋季皇霊祭、五穀豊穣を祈り、秋の実りに感謝する収穫祭など各地で盛んに行われる。

中神筆
秋祭りシーズンで土日祝は賑やかになってきましたね。
寒さ、暑さも彼岸までと昔から言われるように、日中でも涼しさを感じる時期になります。ジメジメした暑さがなくなり、カラッと清々しい気持ちのいい日が続きます。
お祭りに出かけ、自然の営み、命のつながりを再確認し、感謝の心で自然のエネルギーをチャージしてくださいね。

疲れ、痛み、不眠症、原因不明の体調不良が3日以上続くときは、早めにカラダをケアして予防していきましょう。
予防に勝る治療なしです!


はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

に投稿 コメントを残す

白露 ~二十四節気 第十五~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

白露(はくろ)。
二十四節気の第十五。
9/8~9/21ごろ。

白露では昼と夜の寒暖差が大きくなってくるので、草木の葉や枝に朝露ができやすく、それが朝日に照らされると白く見えることから白露と考えられています。

『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」

◯七十二候
・初候
草露白(そうろ しろし) : 草に降りた露が白く光る(日本)

・次候
鶺鴒鳴(せきれい なく) : 鶺鴒が鳴き始める(日本)

・末候
玄鳥去(げんちょう さる) : 燕(つばめ)が南へ帰って行く(日本)

◯旬の食材
巨峰、秋なす、昆布、かぼちゃ、栗、落花生、タチウオ

○行事
9月9日 重陽(菊)の節供(旧暦では寒露で行う。)

重陽の節供は、邪気を避け、長寿を願い、これから寒くなる時期に備えて、無病息災、防寒を願う行事として昔から行われてきました。

お祝い事では「別れる」など連想されるものは忌み嫌われる考えがあるので、2,4,6,8など二つに別けられる数字は忌み嫌われます。
結婚式の祝儀などは1、3、5万円など2つに分けられない奇数が今でも使われてますね。子供の成長を祝う七五三も奇数です。

1、3、5、7、9などの奇数は割り切れない数字なので昔から祝い事には都合のよい数字とされ、陰陽論で物事を考える事が多かった昔の人々は、奇数を陽数、偶数を陰数と分けて冠婚葬祭に用いていました。

特に奇数が重なる日はお祝い事にされることが多く、桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)、七夕(7月7日)など五節句は奇数のゾロ目の日がほとんどです。1月は七草(1月7日)の節供でゾロ目ではありません。

九は奇数の中でも最も大き数字なので重陽と考えられ、特にめでたい日とされています。邪気払い、無病息災、長寿などを願い、詩歌を作り、お酒を飲んで明るく楽しい宴が行われます。

古くは平安時代や奈良時代から宮中行事として菊花の宴が行われ、詩歌を作り、霊薬、延寿の効があると信じられてきた菊の花を飾り、菊の花をお酒に浮かべて振る舞われました。

江戸時代では五節供の中では重陽の節供は最も盛んで、民間でも菊酒を飲み、栗ご飯を作り、宴会を楽しんでいました。

9月9日(旧暦では10月寒露)は、菊の花を飾り、お酒に菊の花を浮かべて、明るく楽しく過ごすのもいいですね。
そういえば日本酒の名前に菊がつくお酒が多いのは、重陽の節供のお陰ですね。
菊花の酒で健康長寿を願うなら、お猪口かなめる程度になりますかね。😂

貴船神社 菊花神事(重陽の節供)

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket