に投稿 コメントを残す

秋分 ~二十四節気 第十六 ~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

秋分(しゅうぶん)。
二十四節気の第十六。
9/23~10/7ごろ。

『暦便覧』 「陰陽の中分なれば也。」
 昼と夜の長さがほぼ同じになる。

◯七十二候
・初候
 雷乃収声(らい すなわち こえを おさむ):雷が鳴り響かなくなる。
・次候
 蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす):虫が土中に掘った穴をふさぐ。
・末候
 水始涸(みず はじめて かる):田畑の水を干し始める。

◯旬の食材
いちじく、ザクロ、柿、秋鯖、戻り鰹、山ぶどう、ごま

◯植物・生き物
彼岸花、そばの花、キンモクセイ

〇秋分の日 
祝日法では「祖先を敬い、故人を偲ぶ日」とされる。
秋彼岸や天皇、皇后、皇親の霊を祭る儀式の秋季皇霊祭、五穀豊穣を祈り、秋の実りに感謝する収穫祭など各地で盛んに行われる。

中神筆
秋祭りシーズンで土日祝は賑やかになってきましたね。
寒さ、暑さも彼岸までと昔から言われるように、日中でも涼しさを感じる時期になります。ジメジメした暑さがなくなり、カラッと清々しい気持ちのいい日が続きます。
お祭りに出かけ、自然の営み、命のつながりを再確認し、感謝の心で自然のエネルギーをチャージしてくださいね。

疲れ、痛み、不眠症、原因不明の体調不良が3日以上続くときは、早めにカラダをケアして予防していきましょう。
予防に勝る治療なしです!


はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

に投稿 コメントを残す

白露 ~二十四節気 第十五~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

白露(はくろ)。
二十四節気の第十五。
9/8~9/21ごろ。

白露では昼と夜の寒暖差が大きくなってくるので、草木の葉や枝に朝露ができやすく、それが朝日に照らされると白く見えることから白露と考えられています。

『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」

◯七十二候
・初候
草露白(そうろ しろし) : 草に降りた露が白く光る(日本)

・次候
鶺鴒鳴(せきれい なく) : 鶺鴒が鳴き始める(日本)

・末候
玄鳥去(げんちょう さる) : 燕(つばめ)が南へ帰って行く(日本)

◯旬の食材
巨峰、秋なす、昆布、かぼちゃ、栗、落花生、タチウオ

○行事
9月9日 重陽(菊)の節供(旧暦では寒露で行う。)

重陽の節供は、邪気を避け、長寿を願い、これから寒くなる時期に備えて、無病息災、防寒を願う行事として昔から行われてきました。

お祝い事では「別れる」など連想されるものは忌み嫌われる考えがあるので、2,4,6,8など二つに別けられる数字は忌み嫌われます。
結婚式の祝儀などは1、3、5万円など2つに分けられない奇数が今でも使われてますね。子供の成長を祝う七五三も奇数です。

1、3、5、7、9などの奇数は割り切れない数字なので昔から祝い事には都合のよい数字とされ、陰陽論で物事を考える事が多かった昔の人々は、奇数を陽数、偶数を陰数と分けて冠婚葬祭に用いていました。

特に奇数が重なる日はお祝い事にされることが多く、桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)、七夕(7月7日)など五節句は奇数のゾロ目の日がほとんどです。1月は七草(1月7日)の節供でゾロ目ではありません。

九は奇数の中でも最も大き数字なので重陽と考えられ、特にめでたい日とされています。邪気払い、無病息災、長寿などを願い、詩歌を作り、お酒を飲んで明るく楽しい宴が行われます。

古くは平安時代や奈良時代から宮中行事として菊花の宴が行われ、詩歌を作り、霊薬、延寿の効があると信じられてきた菊の花を飾り、菊の花をお酒に浮かべて振る舞われました。

江戸時代では五節供の中では重陽の節供は最も盛んで、民間でも菊酒を飲み、栗ご飯を作り、宴会を楽しんでいました。

9月9日(旧暦では10月寒露)は、菊の花を飾り、お酒に菊の花を浮かべて、明るく楽しく過ごすのもいいですね。
そういえば日本酒の名前に菊がつくお酒が多いのは、重陽の節供のお陰ですね。
菊花の酒で健康長寿を願うなら、お猪口かなめる程度になりますかね。😂

貴船神社 菊花神事(重陽の節供)

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

に投稿 コメントを残す

処暑 ~二十四節気 第十四 ~ 自然のリズムを感じて過ごす。

長野県のある滝
Pocket

処暑(しょしょ)。
8/23~9/7頃までの期間。

「暦便覧」:陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也

暑さも一段落し、朝夕は涼しさを感じてきます。
農作物が実りをつけ収穫の時期を迎えてきますが、台風による風害が心配される時期でもあります。

立春から数えて二百十日(9/1)、二百二十日(9/11)、旧八月朔月(9/10頃)などは台風襲来の特異日とされ、農家にとって三大厄日が集中します。

そのため、この時期には収穫の無事を祈り、台風による風害を少しでも鎮められるよう、地域によっては風を鎮めるお祭りが行われます。

風鎮祭として有名お祭りは富山県富山市八尾地区での「おわら風の盆」というお祭りで、二百十日(9/1)から三日間、祭りが行われ、全国から観光客も集まり、盆踊りなどで街中が賑わいます。

合わせて市区町村の洪水・内水ハザードマップなどで、居住エリアの浸水状況や台風の対処法などチェックしておきましょう。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ(名古屋市)
http://www.city.nagoya.jp/bosaikikikanri/page/0000012445.html

水害・土砂災害から家族と地域を守るには(内閣府)
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/pdf/h30_tebikisho.pdf

 

◯七十二候
・初候:綿柎開(めんぷ ひらく) : 綿を包む咢(がく)が開く
・次候:天地始粛(てんち はじめて しじむ(しゅくす)) : ようやく暑さが鎮まる
・末候:禾乃登(か すなわち みのる) : 稲が実る

◯旬の食材
サンマ、イワシ、シマアジ、すだち、青ゆず、新里芋、青唐辛子、新米

◯生き物、植物
・スズメバチ:活動が最盛期で近づくと危険です。
・百舌鳥(もず):宮本武蔵の書いた水墨画が有名ですね。
・吾亦紅(ワレモコウ)

中神筆
お盆過ぎ、夏休みが終わり、8月もあと1週間ほどとなりました。
今年の夏休みは山と川と滝で、清らかな水と空気に触れ、清々しいパワーを自然から頂きました。

滝は近くはいるだけでも気持ちよく、力が漲ってきます。
暑い時期の滝は清々しいパワーを貰えます。

おわら風の盆(富山県富山市八尾町)

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

に投稿 コメントを残す

立秋 ~二十四節気 第十三~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

立秋(りっしゅう)
8/8~8/22ごろ

秋の語源は、
「収穫が飽き(あき)満ちる」
「空が清明(あきらか)な時期」
「紅葉の「紅(あか)」が転じた」
「秋の実り(主に禾=稲)を食べに来る虫を減らすために火で焼き殺して豊作を祈っていたことから」
など、いろんな説があるようです。

◯七十二候
・初候:涼風至(りょうふう いたる): 涼しい風が立ち始める。
・次候:寒蝉鳴(かんせん なく): 蜩が鳴き始める。
・末候:蒙霧升降(もうむ しょうごう): 深い霧が立ち込める。

◯旬の食材
オクラ、冬瓜、とうもろこし、ゴーヤ、サンマなど。

◯季節の行事
・月遅れ盆(旧盆):迎え火-8/13(7/13)~/送り火-8/16(7/16)

お盆は地域や宗教などの違いで様々な考え方や行い方がありますが、基本は先祖を敬い、家族を大切にするという伝統行事です。

迎え火では祖先の霊がこの世に早く来られるように、馬を模したきゅうりで人形を作り、送り火では供物をのせてゆっくりと、あの世に帰れるように牛を模したナスで人形を作り、盆踊りなどを踊って精霊をもてなします。

中神筆

残暑お見舞い申し上げます。
立秋といってもまだ夏真っ盛りです。

梅雨明け猛暑から2週間ほど立ちますが暑さには慣れてきましたか?

私は暑さに随分慣れてきましたが、昼飯前のランニングは暑かったです。

夏の全国高等学校野球選手権大会が始まり、愛知県からは小牧市にある誉高校が初出場しましたね。

愛知県では優勝候補にも入っていないところから甲子園出場となり、番狂わせとなるか話題になりました。

残念ながら初戦敗退となりましたが、実力だけでは勝ち上がれない甲子園なので、もしかしたらまた何か起こるんじゃないかとワクワクしました。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

に投稿 コメントを残す

暑熱順化トレーニング

Pocket

暑熱順化(しょねつじゅんか)とは?

寒い冬に野外で過ごしていると手足が冷えて体がブルブル震えてきますが、真夏の暑い野外で過ごしていると身体が熱くなり、汗がダラダラ出てきます。

身体は外の気温に合わせて、体温が上がりすぎたり、下がりすぎないように自律神経を働かせて、37℃前後に体温をコントロールしています。

気温が高い夏の野外でエアコンがなくても元気に過ごせるのは、暑熱順化という自律神経の働きが体熱を上手にコントロールしているからです。

暑熱順化とは暑さに対して体熱をコントロールする重要な自律神経の働きのことですが、エアコンのようにスイッチひとつで切り替わるわけではなく、暑い環境の中で10~14日間ほどかけて徐々に切り替わっていきます。


◎エアコンを消し、部屋の外へ!
夏の野外で1日30分の運動が熱中症を予防する!!

『暑熱順化(暑さ慣れ)は、「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動(ウォーキング など)を継続することで獲得できます。
実験的には暑熱順化は運動開始数日後から起こり、2週間程度で完成するといわれています。
そのため、日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけて 暑熱順化していれば、夏の暑さにも抵抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。』 (環境省の熱中症予防情報サイトより)

熱中症を予防する暑熱順化を起こすには、 『やや暑い環境で、ややきつい運動を毎日30分続ける。』 と環境省のお墨付きです。

暑さに慣れないうちは日中は厳しいので、朝夕の過ごしやすい時間帯に1日30分、ジョギングやサイクリングなど有酸素運動で汗をかきましょう。
夏の朝夕は涼しく感じますが少し運動すると熱くなって汗が出てきます。

エアコン慣れしている人や運動不足の方の汗は、水分と一緒に塩分などのミネラルが多く出てくるためベタベタした汗になりますが、2週間もすればミネラルの少ないサラサラした汗になります。
サラサラ汗が出るようになったら暑熱順化が進んでいる証拠ですので、次は日中にもトライしてみましょう。

いや~運動が苦手で。。。という方は、自宅で半身浴したり、施設のサウナでも構いません。動かなくても体温を上げて汗をかくことで暑熱順化が起こりやすくなります。
暑さに慣れないうちは5分~10分の細切れで、冷水を浴びて休みながらでよいので、トータル30分ほどサラサラ汗がでるまで毎日続けてみてください。

 

◎汗をかいた後はスイカで水分、ミネラル補給を忘れずに。

きつい運動や入浴の後は、冷えたスイカです。

冷えたスイカにヒマラヤ岩塩をかければ、お金では買えない最高のアンチエイジング天然スペシャルデザートが味わえます。
アイスやビールが思いつく方が多いと思いますが、疲労回復に大事なビタミンやミネラルが無駄遣いされてしまいます。

スイカにはリコピンやβカロテン、ビタミンなど抗炎症・抗酸化栄養素が多く含まれているので疲労回復やアンチエイジングに役立ちます。

さらにスイカの種を炒って食べたり、煎じてお茶にするとマグネシウムや亜鉛などの不足しがちなミネラルを補給できます。

暑くてきつめ運動の後には、ぜひ冷えたスイカを味わって疲れを癒やしてくださいね。

暑熱順化で熱中症を予防して、夏の暑さを元気に過ごしていきましょう。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

に投稿 コメントを残す

大暑 ~二十四節気 第十ニ~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket


大暑(たいしょ)。
7/23~8/7ごろ。

気温がますます上がり、暑さが最も厳しい季節となりますが、
日本では、自然の中に涼しさを見つける納涼文化が育ちました。

軒先に風鈴をつけ、音で涼しさを感じ、
窓によしずをかけて、直射日光を避け、
夜には川に船を浮かべて風にあたる。。。

今ではエアコンのボタン一つで涼しくなりますが、
濡れたタオルで肌を湿らせてうちわで扇ぐだけでも、涼しく気持ちよく過ごせます。
たまには五感をフル活用して暑さの中に垣間見える涼しさを楽しみましょう。

◯七十二候
・初候 桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ) : 桐の実が生り始める(日本)
・次候 土潤溽暑(つち うるおいて じょくしょす) : 土が湿って蒸暑くなる(日本)
・末候 大雨時行(たいう ときどき おこなう) : 時として大雨が降る(日本)

◯旬の食材
大葉、枝豆、スイカ、イサキ、スズキ、うなぎ、ウニ、甘酒などなど。

中神筆

暑中お見舞い申し上げます。
今年の夏は去年に比べ、ぬるい日が続きますが、これから梅雨明けしてからが暑さ本番です。
大暑のときは熱中症にかかる方も増え、命に関わってしまう事態にもなりますが、もともと人の体はそんなにやわではありません。

暑熱順化という高温環境に順応できる生理機能があり、
適切な熱中症予防をすれば命にかかわるほどの状態にはならず、外に出て元気に遊ぶこともできます。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket


に投稿 コメントを残す

小暑 ~二十四節気 第十一~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

小暑(しょうしょ)。
7/7~7/22ごろ。

台風、温帯性低気圧の影響で大雨で内水や洪水の心配が増してまいりました。

人は天地自然の力の前には恐れ戦くだけではありません。
先人の経験や教えを大切にし、万が一のために備えておきましょう。

名古屋市では、

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

を公表していますので、お住いの地域の洪水、内水のリスクを見直して対策をしておきましょう。

先人の教え、伝承に感謝です。

◯七十二候
・初候 温風至(おんぷう いたる) : 暖い風が吹いて来る
・次候 蓮始開(はす はじめて ひらく) : 蓮の花が開き始める
・末候 鷹乃学習(たか すなわち がくしゅうす) : 鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える

◯旬の食材
 カレイ、アナゴ、うなぎ、インゲン、ニンニク、みょうが、ゴーヤ、もも、冬瓜

中神筆
今日は七夕です。
古くは、精霊棚を飾り付けて収穫物を備える神事であったそうですが、
願い事を書いた五色の短冊を笹に飾り、天に向かって捧げるという、私事に成り下がってしまいました。
行事食としてそうめんを食べるのは、麦の収穫祭の意味を含め、麦の恵に感謝してそうめんを食べるようです。
もとは古代中国(唐代)の索餅という唐菓子が由来とのこと。

当院では自然と人、人と人、ココロとカラダの調和を大切にした皆様の健康と安心を願っております。

 

kouzui-km-14midori2

 

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

に投稿 コメントを残す

蒲郡オレンジトライアスロン(スプリント完走v)

Pocket

6/23日、蒲郡オレンジトライアスロン(スプリント)を事故なく怪我なく無事に完走しました。

結果:31位/85人
スイム 750m 13:55
バイク 20km 39:36
ラ ン 5km   26:39
種目切り替えのトランジションタイム込で 1:25:47 でした。

40代では3位になりますが、65歳の方がはるか先でゴールしていた。。。
42歳の私には、まだまだ伸びしろたくさんありますね。
よい刺激をもらいました。

○トライアスロン挑戦に際しお世話になったこと
あすたまトライアスロンスクール(知多校・スイムのみ)
現役エイジトップ・トライアスリートの竹内鉄平さんが主催するトライアスロンチームです。
私は海スイムを強化したく、名古屋近辺でスイムの朝練(6:00~)を行っているところをいろいろ試した結果、通いやすさや泳力的に「あすたまスイム知多校」が最もしっくりきました。
現役の学生トライアスロンの選手が教えてくれて、泳力も様々な方がいるので、初級者から上級者まで実践につながる海スイム練習がしっかりできます。
仕事をしながら練習する場合、朝練ができるのは有り難いです。

トライアスロンはオープンウォータースイムと言って波がある海の中で、集団でぶつかりながら泳ぐこともあるため、個別に仕切られたコースで泳ぐスイムよりテクニックや体力、状況判断が必要になります。
集団で人を避けながら泳いだり、見通しの悪い海の中を進行方向を確認しながら泳ぐヘッドアップスイムなど海スイムに特化したテクニック、スタミナやスピードをつけるインターバルトレーニング、スイム効率を上げるドリルなど約1時間ほど練習します。
チーム練習では泳力が同じか少し上の人と泳ぐことで、程よい負荷でスイムトレーニングができます。
他にもランやバイクの練習も行っていますが、私は練習時間が合わないため、スイムだけお世話になっています。

トライアスリート 桶谷祐輝
現役エリート選手の桶谷祐輝選手がスイム・ラン・バイクを教えてくれます。
平日夜や日曜日で単発で参加できる練習会があり、1時間ほどで効率の良いドリル、スピード、スタミナ練習ができるので自主練に飽きた時や本番近くで実践を強化したい時に参加していました。
自主練でどんな練習が良いか悩んでいる方はオンラインコーチングで練習メニューを作成してもらえます。


麻生まさとしオンラインスイムスクール
日本選手権水泳競技大会(全日本)やオリンピック選考会などで活躍された1500mの元競泳選手の麻生まさとしさんがYou Tubeを通して教えるオンラインスクールです。
スイムの水中映像を使って、身体の使い方のダメな例やよい例を交えて、スイムテクニックを丁寧に解説してくれます。
参考になった動画:水泳社長まさとし「「大きく伸びのあるクロール」の罠」
スイムの上達段階が細かいステップに分かれているので、スイム中級者でも自分のスイムを見直し、どんなドリルを参考にすればよいか、とてもわかり易いです。
私はスイム練習で左肩を痛めることが多かったのですが、ここの動画で泳ぎ方を見直してから肩の痛みがなくなり、ずいぶん楽に長く泳げるようになりました。
麻生氏本人がスイム例を実演し水中動画を解説されるので、水中での泳ぎ方の見直しにはとても参考になります。

1538
Pocket

に投稿 コメントを残す

夏至 ~二十四節気 第十~ 自然のリズムを感じて過ごす。

Pocket


夏至(げし)。

6/21/~7/6 陽熱至極。

北半球で1年の中で昼が最も長く夜が最も短い日。
昼が最も短くなる冬至と比べるとおよそ5時間も昼が長くなる。

農家では田植えが終り、忙しさがようやく一段落する。

◯七十二候

・初候 乃東枯(なつかれくさ かるる):夏枯草(かごそう)が枯れる

・次候 菖蒲華(しょうぶ はなさく):あやめの花が咲く

・末候 半夏生(はんげ しょうず):烏柄杓が生える

◯旬の食材

ハモ、どじょう、水なす、ジュンサイ、きゅうり、オクラ、実山椒

◯植物・生き物

ニイニイゼミ、キビタキ、ネジバナ

中神筆

大高緑地ではウシガエルが大声で鳴いて、池の周りではザリガニ釣りで子どもたちが賑わっています。

一方でスマホ片手にポケットモンスターを探しに来ている大人たちでも賑わっています。

大自然の中で五感をフルに刺激するリアルな生き物と小さな画面の中で視聴覚を刺激するバーチャルな生き物。

子どものココロをとらえるのは大自然に生きるリアルな生き物のようです。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket


に投稿 コメントを残す

芒種 ~二十四節気 第九~ 自然のリズムを感じて過ごす。

Pocket


芒種(ぼうしゅ)。
6/5~6/20ごろまで。

芒(のぎ)とは、稲などイネ科の植物の先にある突起のことで、
つまりは、稲のような穀物の種をまく頃。

田植え、麦の刈り入れ、梅の実をとって梅干し作りなど、
前節気に引き続き農家さんは忙しくなります。
稲だけでなく大府のぶどう農家さんも忙しくしていました。

◯七十二候
・初候 螳螂生(とうろう しょうず) : 螳螂が生まれ出る
・次候 腐草為蛍(ふそう ほたると なる) : 腐った草が蒸れ蛍になる
・末候 梅子黄(うめのみ き なり) : 梅の実が黄ばんで熟す

◯入梅
梅の実が黄色くなる頃を、梅雨の季節に入る目安としたため「梅」が使われています。
そのほか田植えや麦の収穫の時期を計る際にも梅の実の色の移り変わりが目安になっていました。

◯旬の食材
黄梅、トマト、さくらんぼ、びわ、新生姜、アイナメ、アユ、アジ

◯植物
あじさい、夏椿、桔梗

中神筆

早くも5月過ぎ、夏らしい天気になって参りました。

気象庁の梅雨入り(速報値)によりますと、
東海地方の梅雨入りは平年並みだと6/8ごろになる予定です。

暑くて雨が多いとなると、湿気でカビなどの細菌の繁殖が盛んになりますので、前日の食べ残しは極力避けて当日中に食べきるようにしましょう。
また湿気が多いと、汗の蒸散による気化熱作用=冷却作用が弱くなるので、体内の熱がこもりやすくなります。
食中毒や熱中症対策の準備をしておきましょう。

厚生労働省:食中毒対策サイト

環境省「熱中症予防情報サイト」

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket