セルフケア

Pocket

Pocket

究極の食事

Pocket

先日は杏林予防医学研究所の山田所長のお話を聞きに大阪へ行ってきました。

「究極の食事」

小学校給食の話、トランス脂肪酸、農薬、プラスチック問題、加熱調理のリスク、生菜食、酵素、日本人にあった食性、腸内細菌叢、食物繊維、植物ホルモン、断食、ヒートショックプロテイン、摂取する脂質バランスなどなど。

食と健康、病気の関わりについて盛りだくさんの大変濃い内容でした。

特に子どもたちは、細胞分裂が活発に行われ、肝腎の解毒作用も未成熟ですので、食べ物、吸収されたものの影響が大人に比べて大きく現れます。
また生理周期のある女性やスポーツ選手も細胞の入れ替えが活発に行われますので食事の影響が少なくありません。

長生きするようになったからガン罹患率が増えたとも言われますが、75才以上を除いても全体としてがんの罹患率は増加していて、細胞への悪影響が私達が食べたものや吸ったもの、触れたもの、ライフスタイル、ワークスタイルの影響から来ていることは容易に想像できます。

人体の構造上、機能上の最小単位=生命の営みの最小単位となる細胞にとって、いいこと、悪いこと。

ミトコンドリアや腸内細菌叢など私達と共生する生き物とっていいこと、悪いこと。

健康や病気の質は、その人がどれだけ自分の命と対話しているかが明暗を分けます。

世界をめぐり、命に対して情熱をもって何十年も真剣に向き合っている山田所長の話は、食事から健康、病気、命と対話するヒントをたくさん頂けます。

情報量が多く大変濃い内容のあまり、自身の貪瞋癡があからさまになります。

次回は11/17土に東京品川で開催されますので、関東近辺の方は参加してみてはいかがでしょうか?

東京】誰もが健康になる「究極の食事」

2018/11/17(土) 12:45~2018/11/17(土) 14:45

イベント受付開始時間 2018/11/17(土) 12:30~

品川シーズンテラスカンファレンス タワー棟3階 カンファレンスA,B,C

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

Pocket

熱中症の予防法・対処法(環境省)

Pocket

小学校でプールが始まり、蒸し暑さを感じる季節になってきました。

蒸し暑くなると水分が蒸発しにくくなるので、汗による体温の低下作用が弱くなります。
結果、体内に熱がこもりやすくなり、熱中症のリスクが高まります。

熱中症がなぜ注目されるのかというと、症状が出た時にはすでに命に関わるぐらい重篤な症状になることが多いからです。

早期予防で健康に夏の蒸し暑さを乗り切って行きましょう。

先日、区役所に行き環境省が啓蒙している熱中症予防のチラシをいただいたのでご紹介します。

熱中症予防はできていますか?

  • こまめに水分補給をしている
  • エアコン・扇風機を上手に利用している
  • シャワーやタオルで体を冷やす
  • 部屋の温度を測っている
  • 暑い時は無理をしない >日陰で休み、水分補給をする。
  • 涼しい服装をしている。外出時には日傘、帽子をしている
  • 部屋の風通しを良くしている
  • 緊急時・困った時の連絡先を確認している
  • 涼しい場所・施設を利用している

熱中症予防法・対処法(環境省)

ちなみに愛知県の今年の6/4〜10日の熱中症による救急搬送者は44人でした。

前年は20人でしたので今年は2倍以上の救急搬送者数となっています。
熱中症の予防対策を今ここで知ったあなた、周りの人にも伝えていきましょう。

Pocket

冷えには冷水!?

Pocket

手が冷える、足が冷える、お腹が冷えるなどなど。

寒くなる冬は特に心臓から遠い末端部の血管が緊張して冷たくなります。
寝る前に足が冷える=血管の緊張が強くなると体幹部の深部温が下がりづらくなり寝付きが悪くなります。

一般的に家庭で気軽にできる血管の過緊張を解く方法としてあげられるのが、
お風呂や足湯で手足を温めて、血管の緊張を緩めるという方法があります。

確かにお風呂に入って温まると身体全体がポカポカと温まり、手足の冷えはなくなるのですが、
寝る前になるとまた手足が冷えた状態に戻ってしまう方がいます。

そのような方は、お風呂で温まった後に、手足に冷水をかけてみましょう。

冷えの頑固な方は、ホッカイロや湯たんぽなどで体外からの熱量で補助し、厚着、靴下の重ね履きなどで冷え対策をしますが、
加温、防寒による体温の過保護は血管拡張のための神経機能を低下させ、体内からの産熱や反応を鈍らせることもあるので中医による注意が必要です。

中医学では「陰極まりて、陽となす。」という法則があり、私はこれで靴下の重ね履きから解放されました。
冷えているところを冷やすと身体は温めようとして、体温を産生したり、無駄に冷やさないように、生理機能がフルで働き始めます。
つまり、冷えているところに、冷水をかけるのです。
ただし、身体の体幹部が温まっておらず、全身が冷えている状態でやると風邪をひきます。
ですので、お風呂で湯船につかり体幹部が温まった後に冷水をかけるのがポイントです。
方法としてはお風呂での温冷浴やサウナと水風呂が有名ですね。

冷えに冷水?と疑問に思うかもしれませんが、体内の生理活性の点からみると、とても理にかなった方法と思います。
寒いという寒冷刺激が強く認知されることで、温めるという機能が強く働くのです。

実際にお風呂あがりに足に水をかけて出ると足がぽかぽかしますので2週間ほど試してみてください。

はりきゅう自然治療院 中神 拝

Pocket

奥までゆるむと身体の地図がわかる

Pocket

いま自分の身体がどんな状態かわかりますか?
特に姿勢に関しては知らず知らずの内に背中が曲がり、肩が巻き込み、あごが突き出て、お腹が出っ張り、姿勢がおかしくなっていたなんてことありますよね。
歳を重ねれば重ねるほど、感覚が鈍くなり、筋力が衰え、腰が曲がってきます。
さあ姿勢を治すにはどうしましょうか。

まず大事なのは首から背中、腰、骨盤の筋肉や関節の状態がどんな状態になっているかはっきりとモニターできている必要があります。

モニターする時に特に大事なのはすべての関節が重力を感じられているかどうか。

バランスを整えるというと力を出して、筋力を動かしながらバランスをとるというイメージの方が多いのですが、重力の感覚を感じられる状態になると姿勢反射という自動的にバランスを取る生理反応が優位に起こって最も効率のよい姿勢に立て直してくれます。
ただし、力みのないゆるんだ身体になっている必要があります。

面白いことに自分の力でバランスを取ろうとするとどんどん力みが入って、スタティックなカチカチに固まったロボットのような立ち方になります。
逆に姿勢反射で感覚優位の力みのない自然体の姿勢は、柳のようにふわっとゆらっと柔らかくスッと軸が通ったような立ち方になります。

つまり、良い姿勢を維持する公式は、

よい姿勢 = 関節の重力感覚 > 筋肉の運動感覚

です。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

ぎっくり腰の手前で、

Pocket

季節や天気も冬らしくなってきて、最近はぎっくり腰になりそうという方が多くなってきました。
気温、気圧、温度差など自然界からの外部刺激が少しづつ悪影響を及ぼしやすい時期になってきました。

中医学では自然環境からくる刺激を、風、暑、湿、燥、寒など呼び、過度の季節の変動や気温、湿度などを外邪として病気の原因になるとしています。

今の時期は立冬に入り、寒の外邪が旺盛になってくる季節になりましたので、体が冷えて起こる不調が現れてきます。

身体が冷えると、身体を巡る血管が体熱を逃さないように収縮して末梢循環が悪くなり、痛みやしびれ、冷え、むくみなどの原因になりやすくなります。

ぎっくり腰は、重いものや無理な姿勢での腰の筋肉への負担で痛めることが多いのですが、今の時期は、筋疲労に加えて、冷えによる血管の緊張や血行不良も重なってきますので、湯船に使ってしっかり温めましょう。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

子宮への理にかなったセルフケア

Pocket

今日は、静岡に嫁いでいる妹が久しぶりに当院に来院。
現在、妊娠中で、自然分娩の名医、吉村先生の本を読んで、散歩とスクワットに励んでおり、経過も順調で安心しました。

自然分娩の聖地、吉村医院。
私の妻は、39歳の高齢出産でしたが、迷いなく吉村医院を選び、無事に自然分娩で元気な男の子を産みました。
吉村医院の敷地内には、古屋という囲炉裏のある古民家があり、妊婦さんたちが団欒して話したり、薪割り、雑巾がけなどで足腰を動かしたり、土釜で炊いたご飯や料理を食べたりと、昔のおばあちゃんの家に来ているような雰囲気で落ち着きます。
高齢出産といえども健康なら例外なく、薪割りスクワットや妊婦ピクニックなどで足腰を積極的に動かし、自然分娩に向けての体づくりを行います。

なぜ足腰の運動にこだわるのか?

股関節を可動域いっぱいに動かすことは、大腰筋、腸骨筋という骨盤内にある筋肉が動くことで、骨盤内の血流循環がよくなり、筋の発熱作用でお腹を温める効果があります。
骨盤内の血流が良くなり、体温が上がれば、当然、子宮、胎盤の循環はよくなり、赤ちゃんへの栄養も行き渡り、元気な子が育ちやすい環境となります。
理にかなった妊婦のセルフケアとつくづく思います。

その前に、現在、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸がん、チョコレート嚢胞など子宮、卵巣の病気が多くなってきています。
その背景には、足腰の運動不足による血行不良や筋の発熱不足に加え、子宮の静脈には血流の逆流を防ぐ弁がなくうっ滞を起こしやすくなっていることが原因として考えられます。
さらにスウィーツによる糖質、脂質、添加物の過剰摂取を考えると糖化、酸化、老化など細胞や組織のダメージを促進し、子宮や卵巣に病気をしない理由が見つかりませんね。

そんな状態で、副作用が問題になっている子宮頸がんワクチンをしたら、余計に病気になりそうな気がするのは私だけでしょうか。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket