二十四節気

小寒 ~二十四節気 第二十三 ~自然のリズムを感じて過ごす~

小寒(しょうかん)。
1/6~1/19ごろまで。

寒の入りを迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか?
今日から立春まで寒さがいっそう厳しくなってまいります。
暖を取るもの大事ですが、寒にも触れて自ら燃えていきましょう。

『暦便覧』:「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」

◯七十二候
・初候 芹乃栄(せり すなわち さかう) : 芹がよく生育する。
・次候 水泉動(すいせん うごく) : 地中で凍った泉が動き始める。
・末候 雉始雊(きじ はじめて なく) : 雄の雉が鳴き始める。

◯旬の食材
セリ、春菊、わさび、レモン、ヒラメ、寒しじみ、コマイ、キンメなど。
七草粥(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)
小豆粥

◯植物、生き物
柊、蝋梅、南天

中神筆

寒いときは温かい飲み物、こたつ、ホッカイロなどで暖を取りますが、
逆に寒さに身を晒すことでカラダを温かくすることができます。
寒空の下で行う乾布摩擦や川に入って行う寒稽古、滝行などです。

私は新年に裸で乾布摩擦をしましたが、実はこれから更に寒くなる寒の時期を健康に過ごすためのセルフケアの一環なのでした。
ただのウケ狙いだけではないのですよ。

敢えて寒さに触れることで、熱産生に関わる自律神経やホルモンの働きが刺激され体温が上がりやすくなります。
副腎からでるアドレナリンやノルアドレナリンは、寒さに対してすぐにカラダが温かくなるように働き、甲状腺から出るホルモンは、ゆっくりとじわじわ温かくなるように働きます。

焚き火を思い浮かべると、早く燃えるけどすぐ消えてしまう落ち葉や枝に相当するのがアドレンリンで、燃えるまでに時間がかるけど長く燃える薪や炭に相当するのが甲状腺ホルモンとイメージするとわかりやすいですね。

そして寒い時期に裸で乾布摩擦を続けてやることは、火が着いた炭が続けて燃えるように、うちわで空気を送っているイメージです。

寒さを凌ぐにはヒーター、こたつにホッカイロ、温かい食べ物だけでなく、筋肉や自律神経、ホルモンなど、カラダ自身に温める仕組みがしっかり備わっているのです。

外の熱だけに頼らず、自ら燃える力を使って、寒の時期を健康に乗り切っていきましょう。寒さは身体に温める火種なのでした。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

冬至 ~二十四節気 第二十二 自然のリズムを感じて過ごす~

冬至(とうじ)。
12/22~1/4ごろまで。

『暦便覧』:「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也。」

◯七十二候
・初候 乃東生(なつかれくさ しょうず) : 夏枯草が芽を出す。
・次候 麋角解(びかく げす) : 大鹿が角を落とす。
・末候 雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる) : 雪の下で麦が芽を出す。

◯旬の食材
柚子、曲がりネギ、赤かぶ、下仁田ネギ、金時人参、水菜、伊勢海老など。

◯植物、生き物
オナガ、コゲラなど。

中神筆
光陰流水の如し。
いよいよ今年もあと僅かとなりました。

北半球では1年で最も日の出時刻が遅く、日の入り時刻が早い日。
つまり、太陽の南中高度が最も低く、昼が最も短い日。

古代では、弱まった太陽の力がこの日を境に復活し始めることから、一陽来復(いちようらいふく)=幸運に向かう日とされています。

冬至風呂で用いられる柚子は太陽を意味し、弱まった太陽の気を補うとされてきたので、ゆず湯で陽の氣を補って、これからやってくる寒の時期に備えましょう。

また日本では、中風(脳卒中)予防、健康長寿のためにカボチャを食べる風習が残っていますので、今夜のおかずはカボチャの煮物はいかがでしょうか?

今年の二十四節気は冬至が最後。
次節気は一年で寒さが最も厳しくなる寒の入りとなります。


来年も健康に過ごせるよう健康と安心を願っております。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

大雪 ~二十四節気 第二十一 ~自然のリズムを感じて過ごす~

大雪(たいせつ)。
12/7〜12/21ごろまで。

『暦便覧』:「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」

雪は昔から花に例えられ、その結晶の美しさから「雪の花」、「六華(りっか)」、「不香の花(ふきょうのはな:香りのない花)」
と様々な名前がつけられた。
また江戸時代には、しんしんと雪が降り積もる静寂の景色や、月の光を受けて輝く雪明かりを鑑賞する「雪見」が粋な遊びとされていました。

◯七十二候
・初候 閉塞成冬(そらさむく ふゆとなる):天地の気が塞がって冬となる。
・次候 熊蟄穴(くま あなに こもる):熊が冬眠のために穴に隠れる。
・末候 鱖魚群(さけのうお むらがる):鮭が群がり、川を登る。

◯行事

正月事始、羽子板市(東京の浅草観音)、雪吊り

◯旬の食材
ブリ、フグ、あんこう、大根、はくさい、かぶ、ネギ、鍋物などなど。
大根は古事記にも登場する大昔から食べられている日本の伝統野菜です。

◯植物・生き物
ムラサキシジミ、シクラメン、冬椿

中神筆
12月に入り平均気温が10℃を下回り、冬らしい寒さがやってきました。
気温だけでなく湿度も下がり始め、空気中の水分が少なくなると、水分を含むインフルエンザウィルスも軽くなり、遠くまで飛散しやすく感染が広がりやすい環境になります。

また空気が乾燥して口やのどの粘液の粘稠性が高まると、体内に侵入したウィルスが滞留し増殖、侵入しやすい状態になります。

つまり風邪予防の第一歩は目、鼻、口、のどの粘膜を潤わせて、インフルエンザウィルスが体内に入ってきても速かに流れる状態にしておけば、胃まで運ばれたインフルエンザウィルスは胃酸に弱いので体内では活動できなくなります。

手洗い、うがいだけでは、のどの奥まで洗い流すことは難しいので、うがいをした後は水を飲んで、のどの奥も洗い流してあげましょう。

ただ水を大量に飲んでしまうと逆に胃酸が薄まってしまいますので数口をこまめにチビチビ飲みが予防にはオススメです。

この方法は国際感染症センターの大曲医師が一般向けに提案し、医学的根拠がないなど否定的な意見もありますが、根拠などなくてもウィルスや細菌の感染経路を考えれば予防としての道理を十分得ていると思います。

悪いものを取り入れてしまっても長く留まらせず、運行させていれば大病は予防できます。

また暖かい鍋物、味噌汁、カレースープなどで体を温め、粘液、胃酸の分泌を促進してあげることで風邪の予防効果がより期待できます。

薬や病院だけに頼らず、創意工夫と自己治癒力で健康を維持していきましょう!

はりきゅう自然治療院
中神裕也

小雪 ~二十四節気 第二十四 ~自然のリズムを感じて過ごす

小雪(しょうせつ)。
11/22~12/6ごろまで。

『暦便覧』:「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」

◯七十二候
・初候 虹蔵不見(にじ かくれて みえず) : 虹を見かけなくなる
・次候 朔風払葉(きたかぜ このはを はらう) : 北風が木の葉を払い除ける
・末候 橘始黄(たちばな はじめて きばむ) : 橘の実が黄色くなり始める

◯旬の食材
大根、九条ネギ、自然薯、白菜、りんご、かき、みかん、寒ブリなど。

◯植物・生き物
カワセミ、千両、万両など。

◯風習詩・習わし
こたつ開き

『小春日和』
旧暦では小雪の時期に当たる10月を「小春」と呼び、
ふと訪れる春のように暖かい日を「小春日和」といいます。

中神筆
息子と大高緑地で、クリスマスリース作りに参加してきました。

リースには主に針葉樹が飾られ、紅葉して枯れない種が多いことから、いつもまでも若々しく健康にいられるようにという意味も込められています。

皆様の健康を願いまして玄関に飾り付けます。

薬や病院だけに頼らず、自己治癒力で健康を叶えて維持していきましょう。

はりきゅう自然治療院
中神裕也

立冬 ~二十四節気 第十九 ~自然のリズムを感じて過ごす~

立冬(りっとう)。
11/7~11/21ごろまで。

『暦便覧』:「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」

◯七十二候
・初候 山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める
・次候 地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める
・末候 金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く

◯旬の食材
かぼちゃ、つくねいも、筍芋、レンコン、里芋、マグロ、コハダ、生牡蠣

◯植物・生き物
マヒワ、山茶花、お茶の花

中神筆

近所の公園、大高緑地公園でも楓や紅葉などが黄色くなってきました。
これから冷たい北風も吹き始め、札幌では初雪が観測され、冬の寒さを感じるようになってきます。

北風は寒さで血流を滞らせ、乾燥した空気で鼻粘膜や気管支粘膜から水分を奪います、すると空中を漂うウィルスや細菌が粘膜上で留まりやすく増殖し、体内に侵入しやすくなります。

気管支や粘膜の乾燥を防ぐには生姜、唐辛子、カレースープなど辛いもので粘膜を刺激して、口鼻のどの粘膜を内側から潤わせましょう。

口鼻のどの粘膜を潤わせることで、ウイルスや細菌の侵入から体を守る免疫(主にIgA)が働きやすい環境を作ります。

インフルエンザワクチンと辛いものの殺菌作用と粘膜湿潤作用、どっちが風邪の予防に役立つか、よい研究材料ですね。

私はインドカレーのお粥で昨年は風邪に全くかかりませんでしたので、カレーの辛味スパイスは風邪の予防に役立ちそうです。

日本特有の油と小麦粉が入ったトロトロカレーは粘膜刺激が弱いので個人的には風邪予防にはスパイスのみのカレー粉がおすすめです。
ただカレースパイスのみでは苦味があり食べづらいので赤味噌、塩麹、亜麻仁油、ココナッツオイルを混ぜ合わせると旨みとこってり感がでて美味しく食べやすくなります。
今が旬の根菜類を一緒に煮込んでも良いですし、前日の残り物を処理する時にも役立ちます。

カレーや辛いものが苦手な方は葛粉などトロトロ系で粘膜を潤わせてあげましょう。
そして寝る前はお風呂で温まりましょう♨

はりきゅう自然治療院
中神裕也

霜降 ~二十四節気 第二十三~ 自然のリズムを感じて過ごす

霜降(そうこう)。しもふりじゃないよ。
10/23~11/6ころまで。

暦便覧:『露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也』

◯七十二候
・初候 霜始降(しも はじめて ふる):霜が降り始める
・次候 霎時施(こさめ ときどき ふる):小雨がしとしと降る
・末候 楓蔦黄(もみじ つた きばむ):もみじや蔦が黄葉する

◯旬の食材
そば、ごぼう、くり、りんご、小豆、かりん、秋鮭、トンブリ、生姜など。

◯植物・生き物
山茶花、ヒヨドリ、ムクドリ、紫式部など。

中神筆
寒露から霜降と、露が霜に変わるほど寒さが厳しくなっていきますが、今年の名古屋ははまだ温かいほうですね。

11月過ぎ、少しづつ紅葉で山が賑わっていきます。
日本気象協会の運営するtenki.jpで紅葉みごろ情報2019が更新されていきますので、今年の紅葉をベストタイミングで見たい方は便利なサイトです。
スマホをお持ちの方はアプリを入れておくと、日々の天気や雨雲情報なども通知してくれるのでとても便利です。 

tenki.jp(スマホアプリ)
Google(Android)アプリ
iOS(iPhone)アプリ

はりきゅう自然治療院
中神裕也

寒露 ~二十四節気 第十七~ 自然のリズムを感じて過ごす

寒露(かんろ)。
10/8~10/22ごろまで。

◯暦便覧:陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也。

◯七十二候
・初候 鴻雁来(こうがん きたる):雁が飛来し始める
・次候 菊花開(きくのはな ひらく):菊の花が咲く
・末候 蟋蟀在戸(きりぎりす とにあり):蟋蟀が戸の辺りで鳴く

◯旬の食材
さつまいも、銀杏、アケビ、グリーンレモン、きのこ類(しめじ、舞茸、しいたけ、松茸)、ししゃもなど。

◯植物・生き物
曼珠沙華、どんぐり、マナヅル、雁 

秋の七草:なでしこ、ききょう、おみなえし、はぎ、すすき、ふじばかま、くず。秋の七草は、春の七草と違い食べる習慣はなく、目で見て楽しみます。

中神筆
朝露に冷たさを感じるほど、寒い日になっていきます。
寒さは筋肉を硬くしたり、血管を硬くして痛みや冷え、疲れが出やすい時期になってきます。

疲れ、痛み、冷えからのめまいなど原因不明の体調不良が3日以上続くときは、早めにカラダをケアして予防していきましょう。予防に勝る治療なしです!

はりきゅう自然治療院
中神裕也

秋分 ~二十四節気 第十六 ~ 自然のリズムを感じて過ごす

秋分(しゅうぶん)。
二十四節気の第十六。
9/23~10/7ごろ。

『暦便覧』 「陰陽の中分なれば也。」
 昼と夜の長さがほぼ同じになる。

◯七十二候
・初候
 雷乃収声(らい すなわち こえを おさむ):雷が鳴り響かなくなる。
・次候
 蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす):虫が土中に掘った穴をふさぐ。
・末候
 水始涸(みず はじめて かる):田畑の水を干し始める。

◯旬の食材
いちじく、ザクロ、柿、秋鯖、戻り鰹、山ぶどう、ごま

◯植物・生き物
彼岸花、そばの花、キンモクセイ

〇秋分の日 
祝日法では「祖先を敬い、故人を偲ぶ日」とされる。
秋彼岸や天皇、皇后、皇親の霊を祭る儀式の秋季皇霊祭、五穀豊穣を祈り、秋の実りに感謝する収穫祭など各地で盛んに行われる。

中神筆
秋祭りシーズンで土日祝は賑やかになってきましたね。
寒さ、暑さも彼岸までと昔から言われるように、日中でも涼しさを感じる時期になります。ジメジメした暑さがなくなり、カラッと清々しい気持ちのいい日が続きます。
お祭りに出かけ、自然の営み、命のつながりを再確認し、感謝の心で自然のエネルギーをチャージしてくださいね。

疲れ、痛み、不眠症、原因不明の体調不良が3日以上続くときは、早めにカラダをケアして予防していきましょう。
予防に勝る治療なしです!


はりきゅう自然治療院 中神

白露 ~二十四節気 第十五~ 自然のリズムを感じて過ごす

白露(はくろ)。
二十四節気の第十五。
9/8~9/21ごろ。

白露では昼と夜の寒暖差が大きくなってくるので、草木の葉や枝に朝露ができやすく、それが朝日に照らされると白く見えることから白露と考えられています。

『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」

◯七十二候
・初候
草露白(そうろ しろし) : 草に降りた露が白く光る(日本)

・次候
鶺鴒鳴(せきれい なく) : 鶺鴒が鳴き始める(日本)

・末候
玄鳥去(げんちょう さる) : 燕(つばめ)が南へ帰って行く(日本)

◯旬の食材
巨峰、秋なす、昆布、かぼちゃ、栗、落花生、タチウオ

○行事
9月9日 重陽(菊)の節供(旧暦では寒露で行う。)

重陽の節供は、邪気を避け、長寿を願い、これから寒くなる時期に備えて、無病息災、防寒を願う行事として昔から行われてきました。

お祝い事では「別れる」など連想されるものは忌み嫌われる考えがあるので、2,4,6,8など二つに別けられる数字は忌み嫌われます。
結婚式の祝儀などは1、3、5万円など2つに分けられない奇数が今でも使われてますね。子供の成長を祝う七五三も奇数です。

1、3、5、7、9などの奇数は割り切れない数字なので昔から祝い事には都合のよい数字とされ、陰陽論で物事を考える事が多かった昔の人々は、奇数を陽数、偶数を陰数と分けて冠婚葬祭に用いていました。

特に奇数が重なる日はお祝い事にされることが多く、桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)、七夕(7月7日)など五節句は奇数のゾロ目の日がほとんどです。1月は七草(1月7日)の節供でゾロ目ではありません。

九は奇数の中でも最も大き数字なので重陽と考えられ、特にめでたい日とされています。邪気払い、無病息災、長寿などを願い、詩歌を作り、お酒を飲んで明るく楽しい宴が行われます。

古くは平安時代や奈良時代から宮中行事として菊花の宴が行われ、詩歌を作り、霊薬、延寿の効があると信じられてきた菊の花を飾り、菊の花をお酒に浮かべて振る舞われました。

江戸時代では五節供の中では重陽の節供は最も盛んで、民間でも菊酒を飲み、栗ご飯を作り、宴会を楽しんでいました。

9月9日(旧暦では10月寒露)は、菊の花を飾り、お酒に菊の花を浮かべて、明るく楽しく過ごすのもいいですね。
そういえば日本酒の名前に菊がつくお酒が多いのは、重陽の節供のお陰ですね。
菊花の酒で健康長寿を願うなら、お猪口かなめる程度になりますかね。😂

貴船神社 菊花神事(重陽の節供)

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也

処暑 ~二十四節気 第十四 ~ 自然のリズムを感じて過ごす。

長野県のある滝

処暑(しょしょ)。
8/23~9/7頃までの期間。

「暦便覧」:陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也

暑さも一段落し、朝夕は涼しさを感じてきます。
農作物が実りをつけ収穫の時期を迎えてきますが、台風による風害が心配される時期でもあります。

立春から数えて二百十日(9/1)、二百二十日(9/11)、旧八月朔月(9/10頃)などは台風襲来の特異日とされ、農家にとって三大厄日が集中します。

そのため、この時期には収穫の無事を祈り、台風による風害を少しでも鎮められるよう、地域によっては風を鎮めるお祭りが行われます。

風鎮祭として有名お祭りは富山県富山市八尾地区での「おわら風の盆」というお祭りで、二百十日(9/1)から三日間、祭りが行われ、全国から観光客も集まり、盆踊りなどで街中が賑わいます。

合わせて市区町村の洪水・内水ハザードマップなどで、居住エリアの浸水状況や台風の対処法などチェックしておきましょう。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ(名古屋市)
http://www.city.nagoya.jp/bosaikikikanri/page/0000012445.html

水害・土砂災害から家族と地域を守るには(内閣府)
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/pdf/h30_tebikisho.pdf

 

◯七十二候
・初候:綿柎開(めんぷ ひらく) : 綿を包む咢(がく)が開く
・次候:天地始粛(てんち はじめて しじむ(しゅくす)) : ようやく暑さが鎮まる
・末候:禾乃登(か すなわち みのる) : 稲が実る

◯旬の食材
サンマ、イワシ、シマアジ、すだち、青ゆず、新里芋、青唐辛子、新米

◯生き物、植物
・スズメバチ:活動が最盛期で近づくと危険です。
・百舌鳥(もず):宮本武蔵の書いた水墨画が有名ですね。
・吾亦紅(ワレモコウ)

中神筆
お盆過ぎ、夏休みが終わり、8月もあと1週間ほどとなりました。
今年の夏休みは山と川と滝で、清らかな水と空気に触れ、清々しいパワーを自然から頂きました。

滝は近くはいるだけでも気持ちよく、力が漲ってきます。
暑い時期の滝は清々しいパワーを貰えます。

おわら風の盆(富山県富山市八尾町)

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也