未分類

Pocket

Pocket

穀雨 ~二十四節気 第六 自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

穀雨(こくう)。
二十四節気の第六。
4/20~5/6ごろまで。
その名の通り、春の雨は穀物にとって恵みの雨です。

この時期の雨には様々な呼び名が付けられていて、
菜の花が咲く頃の雨を「菜種梅雨」、
5~6月に降る梅雨に似た雨を「迎え梅雨」、
花のように咲けと急かせるような雨を「催花雨(さいかう)」、
春の長雨を「春霖(しゅんりん)」と様々な名前が付けられています。

雨というと憂鬱などネガティブなイメージが現代の人は多いですが、
作物の生育からみたら嬉しくなるようなポジティブなイメージかも知れません。
日本人と自然の関係性の豊かさを感じます。

◯七十二候
・初候 葭始生(よし はじめて しょうず) : 葦(あし)が芽を吹き始める。
・次候 霜止出苗(しも やんで なえ いず) : 霜が終わり稲の苗が生長する。
・末候 牡丹華(ぼたん はな さく) : 牡丹の花が咲く。

◯旬の食材
サザエ、アサリ、木の芽(山椒の若芽)、新ごぼう、真鯛、メバル、毛ガニetc.

◯植物・生き物
芝桜、ツツジ

中神筆
息子が小学校入学し初登校を終え、授業参観と新生活が始まりました。
指示やルールの多くなる学校生活でどうなることかと心配しておりましたが、疲れながらも楽しんでやっているようで一先ず安心しました。

挨拶、返事、ありがとう、すいません、自己紹介と。
まずは言葉や態度で人と人の共同生活やルールが紡がれていくのですね。

タテ、ヨコ、ナナメ。
どんな模様が紡がれていくのかワクワク、ドキドキします。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

節分 ~自然のリズムを感じて過ごす~

Pocket

2/3 節分(せつぶん)。

◯行事・風習

・豆まき
「鬼は外、福は内。」昔から続く豆まきの合言葉 。

季節の変わり目には鬼=邪気が出るとされ、
豆=魔滅(魔を滅する)を鬼に投げて追い払う風習が生まれました。

東洋医学でいう”邪気”とは「人を害するほどの影響を与える要因」のことで、
自然環境が作り出すの過度な寒暖、湿燥、気圧なども含まれます。

豆はまくと芽が出て再び実をならすことから強い生命力が備わっているとされ、
豆の持つ力を取り入れることで1年の無病息災を願って人々の健康意識を盛り上げてきました。

春に向けての健康管理として豆を食べながら体内の邪気も追い払いましょう。

 

・柊イワシ

鬼が家に入らないように、

柊イワシを玄関先に飾ったり、
年神様(歳徳神)がいる方角に向かって願い事をしながら、

恵方巻きを食べるという風習も生まれました。

 

・恵方巻き

恵方巻きはスーパーやコンビニで毎年、売れ筋の定番商品として並んでますね。

今年の恵方は南南東やや南寄りです。

皆様の健康、天寿を願って美味しくいただきました。

 

恵方巻きのはじまりは諸説ありますが、
大阪の海苔業者の販促目的で始まったようです。

海藻類に含まれる水溶性食物繊維は、
大腸にいる酪酸菌の栄養源となり、

酪酸菌が出す酪酸は、
大腸粘膜の新陳代謝エネルギーや
炎症を抑える免疫Tregの賦活にも役立つので、

便秘症や花粉症の対策にはとってもオススメの食材です。

中神筆

大寒最終日となり、冬と春の季節の変わり目、節分がやって参りました。
大寒の内で節分がもっとも寒い日と言われますが、今年は暖かい方ですね。
本来は「季節を分ける日」なので、立春、立夏、立秋、立冬の節気前日で年に計4回あったのですが、
いつからか一年のはじまりが最も大事とされ、立春の前日がメインとなりました。

旧暦では春が一年の始まりと考えられていたので、現代の感覚ではちょうど大晦日にあたります。
改めて来年も健康で明るい年を迎えられよう願っております。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

年末年始のお知らせ

Pocket

Pocket

杏林予防医学研究所アカデミー上級講座修了

Pocket

杏林予防医学研究所アカデミーの細胞環境デザイン学を山田豊文所長から直伝いただきました。
 
細胞から健康・予防を考え、実践方法を学ぶ=部分的に切り取ってカラダをみないということ。
 
そして細胞を取り巻く環境の大切さ=自然との関わりや、人との関わり、心と体の関わりが大切ということ。
 
それがわかると細胞の環境が生活環境や自然環境ともつながって健康や病気と関わっていることがよくわかる。
 
数多の健康情報の多くで右往左往する理由がよくわかった。
勉強不足でそもそもの考えが間違っていることもあるが、
いちばん問題なのは、つながりを端折ったり、部分的な情報しかみないからだ。
それとよく言われることだけど、自分でやってもせず、自分の頭で考えないこと。
 
未だ人知の及ばない未知の仕組みがあり、新たな知見や誤りが出てくると思うけど、無知を恥じ、謙虚に、素直に、つながりを大事にした学びをしていれば、取り返しのつかない大道をそれることはない。
取り返しがつく範囲では、小さな過ちはたくさんすればいいのだ。
 
免許皆伝に向けて猛勉強しつつ、健康・予防の学びを発信してシェアしていきます。
 
Pocket

節分

Pocket

節分(せつぶん)。
2/3。
旧暦では春が一年の始まりと考えられていたので、現代の感覚ではちょうど大晦日にあたります。
本来は「季節を分ける日」なので、立春、立夏、立秋、立冬の前の日になり、
年に4回あったのですが、いつからか一年のはじまり立春の前日なりました。

◯行事・風習
季節の変わり目には鬼=邪気が出るとされ、豆=魔滅(魔を滅する)を鬼に投げて追い払う風習が生まれました。

そのほか鬼が家に入らないように、柊イワシを玄関先に飾ったり、
年神様(歳徳神)がいる方角に向かって願い事をしながら、恵方巻きを食べるという風習も生まれました。

恵方巻きはスーパーやコンビニで毎年、売れ筋の定番商品として並んでますね。
行きつけのコンビニの店員さんに勧められ、私も買ってしまいました。

今年は北北西ちょっと北寄りに向かって、
皆様の健康、天寿を願って美味しくいただきました。

はりきゅう自然治療院 
中神

Pocket

明けましておめでとうございます。

Pocket

明けましておめでとうございます。
今年も薬やサプリメントに依存しない大病予防、病気平癒、疲労回復のお手伝いに精進してまいります。

はりとお灸で生理機能を高め、
やわらかく、あたたかい、ココロとカラダにして、
大病ぜず、健康に天寿を全うできるよう願っております。

今年も宜しくお願い致します。

★★★年始の営業開始★★★

1/4水 10時~

通常営業しております。

はりきゅう自然治療院
中神裕也 拝

Pocket

同業他職

Pocket

久しぶりに名古屋で疼痛系のセミナーに参加してきました。

今回は若手の理学療法の先生方が集まるセミナーでしたので、鍼灸師の集まりと違った雰囲気でよい刺激をもらえました。

同業他者の勉強会もいいですね。
治療の幅と深みを広げて患者さんのお役立てるよう精進して参ります。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

鬼は季節に変わり目に現れる

Pocket

鬼は外、福は内。
大寒最終日となり、冬と春の季節の変わり目、節分がやって参りました。

大寒の内で節分がもっとも寒い日と言われますが、言い伝えに恥じぬ寒さですね。

季節の変わり目は邪気=人間にとって悪い影響を及ぼす自然環境の変化が生じやすいといわれ、豆まきで昔から邪気払いの儀式が行われてきました。

豆はまくと芽が出て再び実をならすことから強い生命力が備わっているとされ、まめの語呂から=魔滅するとされ、1年の無病息災を願って人々の健康意識を盛り上げてきました。

春に向けての体調管理として、豆を食べながら体内の邪気も追い払いましょう。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

k2シロップと出生後のリスクの関係について少し。

Pocket

k2シロップは、ビタミンKの事で止血の生理作用で重要な働きをしています。
つまり、ビタミンkが欠乏している場合は血が止まりずらくなり、運悪く頭蓋内出血をした場合は生まれてすぐにあの世に召されてしまうリスクがあるとのことです。(乳児ビタミンK欠乏性出血症)
そこで病院では、新生児の突然死のリスク=頭蓋内出血による死亡を予防するためにk2シロップを飲ませることにしていることがほとんどです。

母乳栄養児に出血が多く見られる傾向にあり、頭蓋内出血の場合は予後が重篤になるので、病院としては慎重になるのは当然のことでしょう。
がしかし、いろいろと調べてみると助産師や産科学の教科書では新生児の頭蓋内出血の原因は不明とのこと。。。
つまり、ビタミンK欠乏は出血の原因ではなく、出血した後の止血に必要な成分のひとつなのです。
予防になっていなかったということです。

反対派の意見では、
そもそも合成ビタミンKが本当に効くのか?
納豆にビタミンKが入っているから納豆食べたほうがいいのでは?
そもそも生まれる時に赤ん坊は産道を舐めて通ってくるのでその際に母親から腸内細菌叢の元をもらい、出産後ビタミンKが作られるからいらない。
などなど、色んな意見があります。

自然分娩と帝王切開とで頭蓋内出血のリスクを比較してみるとどうなのか知りたいところです。
また自然分娩でも最後に頭を吸引されたり、外圧が強い場合は、頭蓋への外傷のリスクは高まるのではないかとも思います。
はたまた、お産時の医療事故を紛らわすためにビタミンKのせいに出来るからなんてことはないですよね。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

生まれてすぐに嗚呼。

Pocket

妹の出産で正真正銘のおじさんとなった私ですが、
さっそく会いに行こうと両親に連絡をとったら赤ちゃんが別室に移動で見られないとのこと。
???

詳しく尋ねると、生後すぐに飲まされるk2シロップを吐き出してしまうらしい。
お乳は吸うようですが、k2シロップはダメとのこと。
そりゃ生まれてすぐに人工物はびっくりしてしまうでしょう。
すぐに飲まんかったら後でもいいでしょう。とおじさんが思ったところで病院では命のリスク管理は何よりも大事。
すぐさまk2シロップの点滴の為に特別移動になったとのことでした。
命のリスクがあるとはいえ、生まれてすぐに人工物の飲まされ、点滴を刺され、叔父さんは違和感を感じています。
無事会える日を楽しみにしています。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket