老衰死

Pocket

Pocket

理想的な老衰死とは

Pocket

NHKスペシャルの「老衰死 穏やかな最期を迎えるには」をみて、眠るように召されていくヒントがたくさんありました。

老衰は本来は死因ではなく、原因不明の多臓器不全の場合が多いようです。
つまり、心筋梗塞やガンなど命に関わるような持病があっても、それが直接の原因にならない死のようです。

全身の細胞の炎症により、細胞の分裂機能が弱くなり、組織が萎縮することで、器官の機能が低下し、衰え、死に至る。
とくに、器官が衰える順序、組織の衰えるスピードが、穏やかに死を迎えるキーポイントになるように思います。

例えば、
心血管組織が衰え心筋梗塞となりますと、脳の認知機能ははっきりしていますから、痛みや恐怖などを感じながらなくなることになるでしょうし、
脳の神経組織が急速に衰え認知症になります、運動器や消化器などは身体は元気なのに、記憶、意識、思考などの機能が衰え、錯乱した状態でなくなっていくことでしょう。

では、理想的な自然な衰えの順番はどんなものか

まずはじめに足腰=筋関節などの運動器系が衰え、活動量が少なくなり、筋肉が萎縮し、新陳代謝が低下する。
身体活動が減れば消費エネルギーも減るので食事の量が減り、神経、筋肉、血流など全体的な新陳代謝が低下する。
足腰が動けなくなると、次は手の筋肉が衰え、口に食べ物を運べなくなる。そして噛む力も衰え、最期は飲み込むこともできなくなっていく。
筋肉の活動レベルに応じて消費エネルギーが減っていき、食事量、血圧・心拍による循環量、唾液、胃酸などの腺分泌や消化酵素も少なくなっていく。
栄養を吸収する腸の絨毛細胞は萎縮し、吸収効率の良い高カロリーのものを摂取しても、吸収されず体重は減り、平滑筋や括約筋など内臓筋も衰えると、お漏らさしなどのそそうが多くなる。
食べられなくなり、眠る時間が長くなっていくと、呼吸による空気の取り込みのみが主なエネルギー源となる。
脳、神経の感覚・認知機能は鈍くなり、穏やかな時間が流れていく。
そしていよいよ横隔膜や肋間筋などの呼吸筋の衰えが限界に達すると、空気の取り込みが少なくなり、血中のガス飽和度、酸塩基平衡の変化により、肩で息をする様な独特の呼吸となっていく。
やがて呼吸が止まり、心臓による血流循環も止まり、脳・神経の感覚がなくなり、眠るように穏やかに召されていく。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

老衰について

Pocket

人口動態統計を調べている時に死因の老衰が気になり視聴。勉強になりました。
老衰で人が死に近づくとき、ある徴候が現れる。

動けなくなる。
食べても体重が増えなくなる。
寝る時間が増える。

細胞分裂する能力が低下する。
細胞から炎症を促す物質が出る。
全身のあらゆる細胞が徐々に萎縮する。

筋細胞が萎縮 > 足腰が衰える。手が衰え口まで運べなくなる。飲み込めなくなる。空気の出し入れが少なくなる(呼吸筋の萎縮)。
心筋細胞の萎縮 > 血圧、心拍数の低下(心筋の萎縮)。 >血流低下。
腸の絨毛細胞が萎縮 > 栄養の吸収が低下 > 栄養価の高いものを食べても体重が増えない、減少する。
平滑筋の萎縮 > 消化管の蠕動運動、排泄機能の低下 >便秘、お漏らし。
脳神経細胞の萎縮 > 認知機能の低下 >記憶、味覚の低下だけでなく、痛みなど不快な感覚も低下し、眠る時間が増える。 

細胞の炎症、細胞萎縮のスピードが緩やかなほど、苦しまずに、安らかに最期を迎えられるかもしれない。
Quality of deathのヒントに。

NHKスペシャル 「老衰死 穏やかな最期を迎えるには」

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

老化は足腰から?美味しいものから?

Pocket

足腰に症状のある方は、決まって体が硬い人が多いです。
特に太ももの後ろ、ふくらはぎはその代表ですね。
立位体前屈をした時に、伸びるところです。

若いころは手が床に着いたのに、最近は。。。
最近と言ってもまだ20代や30代の方でも顕著に固くなってますので要注意です。
デスクワークで足腰を動かさないほど硬くなっていきますね。
かういう私も黄色信号です。

身体が硬くなる理由は、タンパク質に糖質がくっついてできるAGE(Advaced Glycation End Products:終末糖化産物)が有名ですね。
Glycationは、糖化反応(メイラード反応)のことで、1912年にフランスの科学者メイラード博士によって発見されました。

タンパク質 + 糖質 + 熱 = 糖化

コロッケを揚げる衣やホットケーキがきつね色になって美味しそうに見えますが、それがAGEです。
美味しいものにはAGEはつきもの。
もちろん甘いモノを食べ過ぎて血糖値が高い状態の方は、体内の熱とタンパク質が反応してAGEがどんどん産生され、血管のタンパク質がAGE化すると、動脈硬化が起こり、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧の原因になります。

体内だけでなく、体表にある髪の毛のケラチンや皮膚のコラーゲン・弾性繊維というタンパク質にAGE化が起こると、髪のコシがなくなり、髪の表面を覆う細胞の層が粗くなり、皮膚のハリやツヤが無くなり、老けてみられます。

見た目の若々しさと健康は関係があるということです。
おししいもの甘いものが好きな方は特に老化に気をつけましょう。

はりきゅう自然治療院 中神

Pocket