子宝鍼灸サポート

子宝サポート001

  • 自己流で自然妊娠を試みたがうまくできない。
  • 不妊専門クリニックに通っているが鍼灸も試してみたい。
  • 人工授精や体外受精をやってみたけど、うまくいかない。
  • 生理痛、冷え症がひどく月経前症候群で困っている。
  • 生理周期、基礎体温が安定しない。
  • 子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、流産などで手術経験があり体調が不安。
  • 妊娠後、腰痛になって痛み止めが使えず、どうしようか困ってしまった。
  • 逆子になってしまい、お灸を試してみたい。

 

当院の子宝鍼灸サポートをご覧いただき誠にありがとうございます。
不安や迷いを抱えながらの治療や生活では、生命がもつ本来の力を充分に発揮できません。
ご来院前に当院の鍼灸サポートを参考にされて安心して生命を育み、子宝に恵まれて下さい。

 

担当鍼灸師の紹介

はじめまして子宝はりきゅうサポートを担当します中神裕也です。
現在43歳、小学生男児の父親で妻とキジトラ猫2匹と暮らしています。

 

妻が39歳の時に自然妊娠となり初めての高齢出産だったので、お産後の母子の健康は大丈夫かとても不安だったことを今でも覚えています。
医師にお産のリスクを説明され不安な時もありましたが、運動、食事、睡眠など基本的なセルフケアや鍼灸で体調を整え、母子ともに健康で自然分娩を終えることができました。その後の成長も問題なく、健康優良児で元気に動き回っております。

 

いまの時代は晩婚化の影響で高齢出産や高度生殖医療を受ける機会が増えてきましたが、薬や病院だけに頼らなくても生命を宿す力はもともと備わっています。

 

運動不足や食べすぎ飲みすぎ、ネット検索やスマホで睡眠の質も下がって、血流やホルモンをコントロールする自律神経の働きや筋肉が衰えると、性欲が少なくなり、生命を宿す力も衰えてしまいます。

 

鍼灸で自律神経や血流を整え、睡眠、食事、運動を見直し、薬や病院だけに頼らず子宝に恵まれてください。

 

 

当院での子宝鍼灸について

kodakarahari-2

当院では自然妊娠の基礎知識や妊娠を妨げない食事、栄養、運動、睡眠などの取り組み方、年間100名前後の懐妊と妊娠率70%以上(最低3周期以上継続、平均5周期。20代〜40代、自然妊娠・流産経験者・人工授精・体外受精・顕微授精の併用を含む。)を実現している山村祐先生(山村祐静堂鍼灸院HP)の鍼灸をベースに、カラダを芯まで温めるドーム加温療法で子宝サポートをしています。

 

子宝はりきゅうの流れ

当院の子宝鍼灸では、子宝によいと経験的に知られている経絡や経穴を組み合わせて使う山村式不妊鍼灸と全身の自律神経調整を基本として、脈の動き(拍動の強さや血管の硬さ、血液多寡など)から全体の自律神経状態を評価して、その日の体調や生理周期に合わせた鍼灸を行っています。

 

なぜ脈の状態から自律神経の状態がわかるかというと、心臓は交感神経系と副交感神経系の2つの神経が相互に作用して動いているため、無意識下の自律神経バランスを観察しやすいからです。

 

基本的な施術内容
  • まずは仰向けに寝た状態で、手足とお腹のツボにはりをして、赤外線や温灸でお腹や足を10分ほど温めていきます。心臓から遠い手足の細い末梢循環とお腹の血管の過緊張(交感神経α受容体系)による冷えを改善していきます。

    鍼はツボに数ミリ(5ミリ弱)程度の浅い刺激でほとんど痛くありません。

  •  

  • 次にうつ伏せで、背中、腰、骨盤部のツボにはりをして、赤外線や温灸で腰を10分ほど温めていきます。

    体性-自律神経反射によって子宮、卵巣など生殖器機能の自律神経の働きを活性化していきます。

  •  

  • 温めが終了後、脊柱と骨盤の骨格調整を行います。

    骨格調整は、骨盤から首に向かって背骨を軽く揺らしながら脊柱や骨盤の歪みを整えていく心地よいカイロプラクティック手技です。

  •  

  • 最後に、仰向けになり、足の指先に熱めのお灸をすることで、心臓のポンプ機能(交感神経β1受容体系)を高め、子宮筋緊張(交感神経β2受容体系)をゆるめて終了になります。

    施術時間は全体で45分前後になります。

 

生理中・排卵前・排卵後前期・排卵後後期の4つのパターンに対するツボの組み合わせがあるため、1週間に1回のペースが基本となり1周期で4〜5回・1セットの施術になります。
体外授精の場合は、採卵や移植のタイミングにより通常の生理周期と異なりますが、事前に施術計画をご案内いたします。

 

妊娠後も定期的に鍼灸を受けることで、血流循環や自律神経の過緊張を緩和し、お産まで健康状態をキープしていきます。
妊娠中は、薬によっては服用などが制限されますが、鍼灸は妊娠中でも問題なく、腰痛や首肩コリ、頭痛、手足の冷え、逆子などのトラブルに役立ちます。

 

いま迷っている方のために子宝サポートの初回お試し体験を実施しています。

当院での子宝サポートが初めての方に安心して通院していただくために、無料で事前相談や初回お試し子宝鍼灸を行っています。

 

どんな人が、どんな考えで、どんなことをやるのか、自分に合うのかどうかなど不安や迷いを解消していただてから通院を決めて頂けます。
何よりもあなたとの信頼関係が大切だと考えております。

 

初回お試しの申込方法は”052-625-1489”までお電話いただければ、「はい。はりきゅう自然治療院です。」と電話に出ますので、「初回お試し体験の予約をしたいのですが。。」とお伝え下さい。ご要望をお聞きいたします。

 

混雑時は留守番電話につながりますので、お名前とお電話番号をメッセージに残してくだされば、折り返しお電話致します。

 

LINEアプリまたはメールアドレスをご利用の方は24時間いつでもオンライン予約できますので、下のオンライン予約ボタンからお申し込みください。

 

子宝サポートの費用
内 容 通常単回 初回お試し
子宝はりきゅう

単回 8,800円
4回 31,000円(@7750)

8000円

2名/日まで

オンライン予約(24時間受付)

LINEアプリまたはメールアドレスをお持ちの方はいつでもオンライン予約ができます。

  • お名前
  • 電話番号またはメールアドレス
  • お困りの症状やご要望
  • ご予約希望日時
  • などを明記の上、
    下の【LINEアプリ予約】または【メール予約フォーム】からお申し込みください。

例えば:
山田花子 
090-1234-5678(yamadataro@abc.com)
子宝はりきゅうの初回お試しを希望。
4/4の午前中か4/6の夕方17時以降が希望です。

以上のような内容で送信して頂き、当日〜翌営業日までには返信致します。
当日予約を希望の方はお電話【052-625-1489】でご連絡ください。

 

友だち登録後にトーク画面からご予約ください。

 

送信後、自動返信メールが届かない場合は

LINEまたはお電話【052-625-1489】でご予約ください。

でご連絡ください。

 

はりきゅうでの子宝対策

産前産後、妊娠中に、はりやお灸は昔から行われていて、子宝のツボや逆子の灸やなどで子孫繁栄に貢献してきました。
なぜなら古代中国の上流層は世襲制だったので跡取り息子を残すことは一家の存続に関わる重要なことだったからです。
現在でも中国では家族間の結束は強く、国や土地のつながりより血族のつながりを大事にする華僑は世界的に有名ですね。

 

はりきゅうに話を戻しますと現在では、鍼灸大学や海外の生殖系医学会で不妊治療に対する鍼の研究が行われ、鍼をすることで着床率や妊娠率が有意に高まることが知られています。
はりをするとなぜよくなるかはいまだよくわかっていないのですが、骨盤内の生殖器系の血流が高めたり、循環や内蔵の働きをコントロールする自律神経の過緊張を整えたりして生殖器系だけでなく全身的・総合的に生命力が高めるからだと考えます。
生殖細胞は血液に含まれる栄養素や酸素、ホルモンなどによって成長しているので、血液循環を改善することや内臓代謝機能を改善することで細胞の生命力が高まり、体調や体質が良くなるのは当然だと思います。

 

最先端の生殖補助医療技術(以下、ART)でも、その名の通り補助医療なので卵子を最初から作ることは無理難題で生まれた時に授かった卵子をご自身の体内である程度、育ててからでないと治療が行えません。
ですので、ARTを受ける前から卵子や精子が健やかに成長できる環境を高めておくことは、タイミング指導による自然妊娠や人工授精、体外受精、顕微授精など、どのような不妊治療を行うにしても大切なことです。
生殖細胞の育つ体内環境を高めるために、血流循環や内臓代謝をコントロールする自律神経機能や意識、気の流れを整えることが当院が提供できる子宝サポートと考えています。

 

やわらかく、あたたかい、ココロとカラダで生命を育む。

病院やクリニックのお医者さんでは妊娠ができない原因として排卵障害、卵管障害、受精障害、造精障害、性交障害、射精障害などを細かく調べる検査や一般不妊治療や体外受精に対する勉強会が行われるのが当たり前になりました。
一見親切のように感じますがズバズバと医学的なデータや専門用語を並べられると正直、ココロとカラダが疲れます。
確かにはっきりとした原因を知ることは、心身に余計な負担をかけず無駄なお金と時間を費やさないためにもとても大切なことです。
当院でも余計な時間や無駄な浪費を避けるために最低限の検査を受けたほうがよいことを提案することがありますが、できるだけご自身のもつ自然妊娠力を高めて子宝に恵まれて欲しいと願っています。

 

知識ばかりで頭でっかちになりすぎると遊び心や余裕がなくなり心から夫婦生活を楽しめませんし、無知蒙昧では無益な時間を過ごしてしまいます。生殖医療の発展で明らかな不妊の原因やおおよその全体傾向はつかめますが、まだまだ未知の領域が多く、生命の潜在能力は計り知れません。
生命を授かる潜在能力を高めるには、冷えて、硬くなったココロとカラダでは生命力は発揮できません。
赤ん坊と同じようにココロもカダラもやわらかく、あたたかい状態にして、生命を育む力を高めて類で類を呼びましょう。

 

そして妊娠後も、母子ともに元気にお産を迎えられるようサポートしていきます。

 

はりきゅう自然治療院
中神裕也