に投稿 コメントを残す

秋分 ~二十四節気 第十六 ~ 自然のリズムを感じて過ごす

Pocket

秋分(しゅうぶん)。
二十四節気の第十六。
9/23~10/7ごろ。

『暦便覧』 「陰陽の中分なれば也。」
 昼と夜の長さがほぼ同じになる。

◯七十二候
・初候
 雷乃収声(らい すなわち こえを おさむ):雷が鳴り響かなくなる。
・次候
 蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす):虫が土中に掘った穴をふさぐ。
・末候
 水始涸(みず はじめて かる):田畑の水を干し始める。

◯旬の食材
いちじく、ザクロ、柿、秋鯖、戻り鰹、山ぶどう、ごま

◯植物・生き物
彼岸花、そばの花、キンモクセイ

〇秋分の日 
祝日法では「祖先を敬い、故人を偲ぶ日」とされる。
秋彼岸や天皇、皇后、皇親の霊を祭る儀式の秋季皇霊祭、五穀豊穣を祈り、秋の実りに感謝する収穫祭など各地で盛んに行われる。

中神筆
秋祭りシーズンで土日祝は賑やかになってきましたね。
寒さ、暑さも彼岸までと昔から言われるように、日中でも涼しさを感じる時期になります。ジメジメした暑さがなくなり、カラッと清々しい気持ちのいい日が続きます。
お祭りに出かけ、自然の営み、命のつながりを再確認し、感謝の心で自然のエネルギーをチャージしてくださいね。

疲れ、痛み、不眠症、原因不明の体調不良が3日以上続くときは、早めにカラダをケアして予防していきましょう。
予防に勝る治療なしです!


はりきゅう自然治療院 中神

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください